DON DON DONKI LOT10店、2021年初頭開店-ドンキ、“クールジャパン伊勢丹”核の大型商業施設にマレーシア1号店

マレーシア連邦直轄領クアラルンプールに、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)のマレーシア1号店「DON DON DONKI LOT10店」が2021年初頭に開店する。
LOT10/ISETAN THE JAPAN STORE.

伊勢丹を核とするマレーシア有数の商業施設「LOT10」

LOT10は1991年8月に開業。建物は地上5階地下1階建。
2020年現在は三越伊勢丹HD傘下の日系百貨店「マレーシア伊勢丹LOT10」(1~4階)を核に、双日グループが参画する日本食レストラン街・フードコート「J’s GATE DINING」、ファストファッション「H&M」、カフェ「THE Coffee Bean & Tea Leaf」など出店する。
なお、核店舗の伊勢丹は、2016年10月に三越伊勢丹HDと海外需要開拓支援機構による合弁会社(ICJデパート)運営のクールジャパンブランド特化型百貨店「ISETAN THE JAPAN STORE Kuala Lumpur」としてリニューアルを実施したが、マレーシア伊勢丹の既存店と大きく異なる、地域特性や消費者ニーズを考慮しない商品構成が災いし急速に経営悪化、2018年6月にはマレーシア伊勢丹の直営店舗(完全子会社)として再転換するなど事業再建を図っている最中である。

ドンキ、低価格な日本ブランドで東南アジア出店強化

DON DON DONKI LOT10店は、LOT10の1~3階(GF~2F)に出店。ドン・キホーテが手掛ける日本ブランド商品に特化した「ジャパンブランド・スペシャリティストア」業態として出店するもので、同社としてはマレーシア初の店舗となる。
PPIHは「日本製もしくは日本市場向けの商品をラインアップする“ジャパンブランド・スペシャリティストア”をコンセプトとしながらも、圧倒的な低価格の商品提供により、現地のお客さまから大変好評をいただいています。」と述べており、日本流の寿司や惣菜、ドンキが得意とする焼き芋やスイーツを求める客の行列が話題となったシンガポールやタイ、香港と同様に、人気を呼ぶとみられる。

DON DON DONKI LOT10店

住所:G8-G11, F8-F18 and S8-S16, Ground,First and Second Floor, Lot 10 Shopping Centre,50, Jalan Sultan Ismail, 50250 Kuala Lumpur, Malaysia
営業時間:現時点では未定

関連記事:DON DON DONKI J Cube店、2019年11月29日開店-シンガポールのドンキ最大級となるフードコートを併設
関連記事:DON DON DONKI クラークキーセントラル店、2019年8月1日開店-ドンキ、ルミネが出店する「セントラル」に出店
関連記事:DON DON DONKI Sweet potato factory チャンギ国際空港ターミナル3店、2019年5月1日開店-ドンキ、「いも」特化の新業態
関連記事:ドンキモールトンロー、2019年2月22日開業-ドンキ、タイ初出店は日系店舗中心の商業施設に
関連記事:東急グループ、タイでタワーマンションなど大型の住宅分譲事業を発表
関連記事:ルミネシンガポール、2017年11月25日開店-ルミネ、海外初進出
関連記事:ドン・キホーテ、シンガポールに出店-東南アジア1号店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加