加古川産業会館JAビル、2020年6月解体開始-旧ジャスコ・加古川そごう別館、跡地は未定

兵庫県加古川市のJR加古川駅前・寺家町商店街にある複合商業施設「加古川産業会館ビル(JAビル)」が2019年12月をもって閉館した。建物は2020年6月1日から解体工事が行われている。

加古川産業会館ビル(JAビル)。

加古川そごうやジャスコも出店した「産業会館」

加古川産業会館ビルは、1972年9月に総合スーパー「ジャスコ加古川店」(近隣から移転)を核に、加古川商工会議所や加古川農協(現・JA兵庫南)本店が入居する複合商業施設として開業。建物は地上8階地下1階建、商業フロアは6階~地下1階、JAグループの同名会社(加古川産業会館)が所有する。

館内の様子。

開業当初の核店舗であったジャスコの撤退後、1991年には「加古川そごう別館」がジャスコ跡に出店。市内最大級となる大型書店「紀伊國屋書店」を核に、生鮮食品売場や銘店街、ベーカリー、呉服・宝飾品・時計売場を中心とした施設として生まれ変わったが、そごう本館との店舗統廃合により1999年をもって商業フロアの大半が閉鎖することとなった。

そごう撤退後は公共施設中心のビルに転換していた

建物を所有する加古川産業会館は2000年代初頭、商業フロアを2階~地下1階に集約し、100円ショップ「ダイソー」と総合衣料品店「オンセンド」を新たな商業核として導入。合わせて、3階に「加古川市男女共同参画センター」、4階に「加古川駅南まちづくりセンター」、5階に「加古川駅南子育てプラザ」、6階に創造学園の大学受験予備校「創学ゼミナール」を誘致するなど、公共施設・オフィス主体の施設として大規模リニューアルを実施した。

改装後も豪華なエスカレーターやシャンデリア跡が残っていた。

しかし、2010年代に入り、建物の老朽化や耐震性不足が課題となったため、産業会館としての機能を近隣に移転する方針を決定。公共施設は近隣のカピル21(加古川ヤマトヤシキ/旧・加古川そごう本館)やサンライズ加古川など第3セクター運営施設に移転、産業会館やJA兵庫南本店は新・加古川産業会館ビルに移転することとなった。

加古川ヤマトヤシキ。

各種テナントの移転後も、ダイソーなど一部店舗が営業を続けていたが、2019年12月31日をもって全館閉館することとなった。

本館跡地の活用方法は未定

近隣の加古川産業会館ビル駐車場跡地では、近鉄不動産の新築分譲マンション(地上14階建)が建設中であるが、加古川産業会館ビル本館の跡地活用についての詳細は、2020年6月の解体工事開始時点では決まっていない。
加古川駅周辺では、2016年に寺家町周辺地区防災街区整備事業の一環として整備された住宅機能主体の複合施設「リトハ加古川」が開業。2020年度には加古川市が市所有資産の拡充や地権者保有床の散逸防止を目的としたカピル21の地権者フロア購入予算を編成するなど、駅周辺活性化に向けた動きがみられるようになった。

リトハ加古川(写真右)。

加古川産業会館ビルも駅徒歩圏内の好立地にあるため、地域の賑わい創出に結び付くような跡地の活用が期待される。

関連記事:ヤマトヤシキ姫路本店が閉店-2018年2月28日
関連記事:MEGAドン・キホーテ姫路広畑店、2018年2月16日開店-イトーヨーカドー跡に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加