コンビニ大手各社、2020年7月1日からレジ袋を有料化

コンビニ大手の「セブン-イレブン」(東京都千代田区)、「ローソン」(東京都品川区)、「ファミリーマート」(東京都豊島区)は、2020年7月1日からレジ袋を有料化する。

セブンイレブンの店舗。

レジ袋有料義務化で「1枚3円」に

レジ袋の有料化は容器包装リサイクル法の関係省令により、7月1日からレジ袋の有料化が義務付けられたことによるもの。
これまで都道府県などの条例によりスーパーマーケットのレジ袋を有料化している例はあったもののコンビニのレジ袋は無料となっている事例が殆どであったが、上記の大手3社以外も追随すると思われる。

ローソン+ポプラ。大手3社以外も追随すると思われる。

大手コンビニ各社のレジ袋の価格は基本的に1枚3円
なお、セブンイレブンでは特大サイズのみ1枚5円になるという。

関連記事:ファミリーマートBYドン・キホーテ、2020年2月29日営業終了
関連記事:無印良品、ファミリーマートでの取り扱いを終了-2019年1月28日で
関連記事:セブン、米大手コンビニ買収を2017年4月に発表-1100店、約3700億円で

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加