ドン・キホーテ福岡鞍手店、2020年4月24日開店-鞍手町中心部のユニードダイエー・レッドキャベツ跡に

福岡県鞍手郡鞍手町の鞍手ショッピングセンターに、パン・パシフィック・インターナショナルHD(PPIH)のディスカウントストア「ドン・キホーテ福岡鞍手店」が2020年4月24日午前9時に開店する。

ドン・キホーテ福岡鞍手店。

鞍手町中心部随一の大型店だったサンプラザ

鞍手ショッピングセンター(サンプラザ)は1981年に、ダイエー傘下の総合スーパー「ユニード鞍手店」を核に開業。建物は地上1階建。
開業当初の核店舗であったユニード鞍手店は、1994年3月にダイエーグループ運営会社再編の一環として「ダイエー鞍手店」に改称したが、同社の経営悪化により2000年代初頭に撤退。
ダイエーの撤退後も、2002年2月に食品スーパー「レッドキャベツ巌流市場鞍手店」や総合衣料品店「ファミリージョイ」、ドラッグストア「ドラッグイレブン」、100円ショップ「ミーツ」が出店するなど、鞍手町中心部随一の大型商業施設として営業を続けていたが、2012年以降、半径1km圏内にトライアル、コスモス、ナフコなど競合店が相次ぎ進出したため、2017年をもってレッドキャベツを含む大半の店舗が撤退していた。

「インフラ型」を掲げる地域密着志向のドンキに

ドン・キホーテ福岡鞍手店の売場面積は2,005㎡。
福岡鞍手店では、ドンキが強みとする化粧品・カラコン・家電・スマホパーツなどのトレンド商品に加え、飲料やレトルト・インスタント食品など日用消耗品を拡充、シニア層向けの休憩スペースを設けるなど、地域のお客さまの生活に寄り添う“インフラ型店舗”を目指すとしている。

ドン・キホーテ福岡鞍手店

住所:福岡鞍手郡鞍手町大字中山2341-1
営業時間:午前9時~翌午前1時
(開店から当面、営業時間を「午前9時~午後10時」に短縮。)

関連記事:黒崎井筒屋、2020年8月17日閉店-旧・黒崎そごう、クロサキメイトは全館空き店舗に
関連記事:クロサキメイト専門店街、2020年1月24日破産申請-4月30日閉店
関連記事:フォレオひびきの、2019年9月27日全面開業-完成から1年半、「グッデイ」「万惣アルゾ」を核にようやく開業
関連記事:MEGAドン・キホーテ福岡福重店、2019年6月27日開店-九州最大級のドンキ、「長崎屋」九州再進出

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加