天満屋周南ショップ、2020年1月13日閉店-近鉄松下百貨店の別館跡

山口県周南市の徳山駅前にある百貨店「アルパーク天満屋周南ショップ」が2020年1月13日に閉店した。

閉店後のアルパーク天満屋周南ショップ。


近鉄別館に出店した天満屋、7年で閉店に

アルパーク天満屋周南ショップの前身となる「近鉄松下百貨店西館」は1986年に開業。出店する太光ビルは地上5階建て、売場は1階と2階、店舗面積は599㎡。

アルパーク天満屋周南ショップ。

2001年に子供服・玩具を専門に取扱う「近鉄松下百貨店こども館」に改称したが、近鉄松下の廃業に伴い2013年2月をもって閉店していた。

近鉄松下百貨店こども館。

その後、2013年4月に天満屋が小型百貨店を出店することを発表。店舗は広島市西区の「アルパーク天満屋」が分店として運営をおこない、約600㎡と狭いながら近鉄百貨店閉店後の需要を満たすべく化粧品、婦人服を中心に品揃えをおこなった。

アルパーク天満屋。

しかし、アルパーク天満屋は競争の激化などにより2020年1月末の閉店を発表。それに伴い、周南ショップも閉店することとなった。
徳山駅前の百貨店系ショップは井筒屋ショップのみとなる。

銀南街にある井筒屋ショップ。

天満屋の閉店により近鉄は3館とも空き店舗となるが、近鉄松下を含む周辺エリアでは数年以内に再開発事業が始まる予定となっている。
(画像提供:コミュニティ・アート&カフェスペース「タナザキテ」

関連記事:新・徳山駅ビル「蔦屋図書館」、2018年2月3日開業-「駐車場1時間無料」で活性化に期待
関連記事:天満屋広島アルパーク店、2020年1月31日閉店-三井不動産系から大和ハウスに施設売却

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加