ジュンク堂書店福岡本店、2020年6月30日閉店ーMMT再開発で、西通りに仮店舗開設

福岡県福岡市中央区天神の西鉄福岡(天神)駅、地下鉄天神駅近くにある複合商業ビル「メディアモール天神」(MMT)が再開発のため近く閉鎖されることにともない「ジュンク堂書店福岡本店」(淳久堂書店)が2020年6月30日に閉店する。

MMTビル。

かつては数年おきに店舗が変わっていたMMT

メディアモール天神は1979年に東急不動産グループの複合商業施設として開業。建物は地上9階地下3階建。開業当初は低層階(地階~地上4階)に東急不動産の「天神東急プラザ」が、高層階(5~9階)に東急ホテルチェーンの「天神東急ホテル」が出店したが、東急プラザは数年で閉店。その後は「ソロンコーポレーション」により「マルチマート天神(MMT)」として営業再開するもこちらも数年で閉店、その後は「ベスト電器」が福岡本店建替え期間中の仮店舗として使用したのち1997年からはマイカルグループのファッションビル「天神ビブレ」の女子中高大生をターゲットとした別館「天神ビブレ2」となったが同社の経営破綻を受けて2001年2月に閉店、さらに同時期に東急ホテルチェーンが撤退したことで建物全館が閉館状態となった。
その後、2001年11月には低層階が関西地盤の大手書店「ジュンク堂書店(淳久堂書店)」に、高層階に専門学校「ヒューマン・アカデミー」などが入居する「メディアモール天神(MMT)」となった。ジュンク堂書店は、当時日本最大級の面積の書店であった。2016年にはキャナルシティ博多などを運営するディベロッパー「福岡地所」が建物を取得していた。

天神ビブレとMMTビル。

数年おきに核テナントが変わったMMTであったが、ジュンク堂書店はこれらの核テナントのなかで最も長く営業することとなった。
サイゼリヤなどMMTビルの他のテナントは当面営業を続けるものの、夏ごろまでに順次閉店するものと思われる。

閉店のお知らせ。

再開発で建替えへ-ジュンク堂書店は再出店予定

天神エリアでは、福岡市が「天神ビッグバン」と称して高さ制限や容積率の規制緩和による民間再開発促進事業を推進しており、2024年を目処に天神ビブレと同じ区画内にある「福岡ビル」(2019年3月閉館)及び「天神コア」「天神ビブレ」(2020年3月)の跡地にオフィスやハイクオリティホテルを備えた西鉄グループの複合商業施設(地上19階地下4階建、延床面積約100,000㎡、高さ約96m)が開業を予定している。

福岡ビル・天神コア跡地に建設予定の建物イメージ。

MMTビルの建て替えもこれに伴うもので、建物隣接地(新生飯店・楽天地など)を含めてMMTビルを所有する福岡地所が再開発をおこなう。また、2021年に閉館する予定の、隣接する福岡市役所北別館との一体開発も検討されている。

手前から福岡市役所北別館・MMT・ビブレ。

新ビルは福岡ビル・天神コア跡と同様に19階建て規模となる予定で、2024年ごろの竣工を見込む。下層階には核テナントっとして「ジュンク堂書店」が再出店し、高層階はオフィスなどとする計画だという。

ジュンク堂書店、西通りに仮店舗

ジュンク堂書店は、天神西通りにある「天神西通りスクエア」にあった経営破綻したファストファッション店「フォーエバー21福岡天神店」跡に仮店舗を出店する。
店舗面積は現在の3分の1程度になるという。
ジュンク堂書店が出店した当時、福岡市天神エリアには紀伊國屋書店、福家書店、丸善、リブロなど多くの大手書店が軒を連ねており「日本有数の大型書店激戦区」となっていたが、近年は撤退が相次いでおり、仮店舗の開設を望む声が多くあった。
仮店舗は2020年8月上旬に開業する予定であるという。

FOREVER21跡。

ジュンク堂書店福岡本店(仮店舗)

住所:福岡県福岡市中央区大名1丁目15−1
営業時間:未定

関連記事:天神ビブレ、44年の歴史に幕-2020年2月11日閉店、多くの市民に惜しまれた最終営業日
関連記事:天神コア、2020年3月31日閉館-西鉄「天神一高い」複合ビル建設へ
関連記事:天神ショッパーズ福岡、2019年4月25日開業-旧ダイエー、複合商業施設に
関連記事:イムズ(IMS)、2021年度閉店-福岡・天神のシンボル、再開発で32年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加