フューチャーシティファボーレ・平和堂アルプラザ富山、2019年10月19日増床リニューアル開業-施設の7割を刷新

富山県富山市婦中町の国道359線沿いに位置するショッピングセンター「フューチャーシティ・ファボーレ」(平和堂アルプラザ富山)が、2019年10月19日午前10時に増床リニューアルオープンする。

フューチャーシティ・ファボーレの増床棟。

開業20年を機に施設全館の7割を刷新

フューチャーシティ・ファボーレは2000年10月に開業。建物は地上4階建、営業フロアは1~2階、敷地面積は約116,000㎡、店舗面積は約55,000㎡、延床面積は130,000㎡。平和堂と地元資本が共同出資し設立した「富山フューチャー開発」が開発、運営する。

フューチャーシティ・ファボーレの全景。

2019年現在は、平和堂グループの総合スーパー「アル・プラザ富山」(約14,000㎡)を核に、ファストファッション「ユニクロ」や大型雑貨店「無印良品」、100円ショップ「ダイソー」、ホームセンター「DCMカーマ」、家電量販店「コジマ×ビックカメラ」、総合スポーツ用品店「スポーツデポ」、スーパー銭湯「とやま天然温泉ファボーレの湯」、映画館(シネマコンプレックス)「TOHOシネマズファボーレ富山」など100以上の専門店が入居する。

多くのテナントが出店。

今回の増床リニューアルでは店舗正面玄関付近の平面駐車場スペースに新館(増築棟、店舗面積約14,000㎡、延床面積約29,000㎡)を新設し、全館の店舗面積を約69,000㎡、全館の延床面積を約159,000㎡に拡張する。
また、コンセプトに「NEW FAVORE, NEW LIFE.」を掲げ、新規店舗86店舗(北陸初18店舗、富山県17店舗、富山市初20店舗を含む)を導入、既存店のうち35店舗も館内移転や改装を進めるなど、全館の約7割を刷新する。

NEW FAVORE, NEW LIFE.

ロフトなど86店舗を新たに導入

1階本館フロアには大手雑貨店「ロフト」「PLAZA」や平和堂の健康スポーツショップ「e-fit Sports」など生活提案型店舗が富山県内に初出店。

富山ロフト。


新たに誕生する食の専門店ゾーン「スイーツ&マルシェ」には、旧・西武セゾングループ共同出資の北海道アンテナショップ「北海道うまいもの館」や台湾タピオカスイーツ店「台湾甜商店」、飛騨高山発バームクーヘン専門店と紅茶ドリンク専門店のコラボショップ「広重TEAマジック」、大阪の「ベイクドマジック」など北陸初を含む飲食店が出店。レストラン街にも味一番フード(めん房本陣)の新業態「そば処 花凛」やすかいらーくグループのビュッフェレストラン「GRAND BUFFET」など2店舗が新規出店する。新館フロアには、北陸最大級となるファストファッション「H&M」やセレクトショップ「FREAK‘S STORE」、金沢竪町のBEKKUが手掛ける「PEACE PARK」などトレンドを意識した店舗が出店する。
また、ファボーレの核として出店する平和堂は、今回の増床リニューアルオープンに合わせて「売場のショップ化」を推進。食品館を富山県内初となる「アルプラフーズマーケット」業態に転換するほか、衣料、雑貨、ビューティ関連売場に関しても独自のブランド、コンセプトを冠したショップに転換する。

220インチの大型ビジョンを整備する「太陽の広場」。

2館本館フロアには390円均一ショップ「サンキューマート」が北陸初、総合ベビー・子供用品店「アカチャンホンポ」が富山県初、ワールドの「SHOO・LA・RUE」が富山市初出店するなどファミリーカジュアル衣料やキッズ関連店舗を集積したフロアとする。

アカチャンホンポファボーレ店。

新館フロアにはヨドバシカメラグループの登山・スキー・アウトドア用品店「Mt.石井スポーツ」が北陸初、古着セレクトショップ「WEGO」やストライプの「AMERICAN HOLIC」、「AZUL by moussy」が富山市初出店するなどトレンドを意識した店舗が出店する。また、新館フロア東側には立山連峰を一望できる大型フードコート「立山フードテラス」(約900席)を新設、台湾小籠包専門店「京鼎樓」のフードコート向け業態「京鼎樓小館」や神田カレーグランプリで過去2回優勝した実績を持つ「100時間カレー」、「ウェンディーズ・ファーストキッチン」、ヨーグルトカフェ「yogorino caffé」など北陸初出店4店舗を含む13店舗が出店するほか、有料予約制のパーティルームを併設する。

立山フードテラス。

競争激化する富山エリア

ファボーレは2000年の開業当初は富山市内最大の売場面積の商業施設であったが、2002年には隣接する高岡市に「イオン高岡ショッピングセンター(現・イオンモール高岡)」が開業したことで首位から陥落、その後も2015年に「三井アウトレットパーク北陸小矢部」「イオンモールとなみ」が相次ぎ開業、2019年9月には「イオンモール高岡」が増床するなど競争が激化しており、当初の勢いを失いつつあった。

イオンモール高岡。

ファボーレは今回の増床リニューアルに合わせて、10月19日から11月24日までの土日祝日まで富山駅〜ファボーレ間に無料シャトルバスを運行するほか、地元メディア(北日本新聞社、富山放送)との協力体制構築や情報提供アプリの配信、eスポーツ大会など最新のデジタルイベントの開催を行うなど、周辺競合施設との差別化による集客をめざすとしている。
(写真:anzenpinさん

ファボーレ(平和堂アルプラザ富山)

住所:富山県富山市婦中町下轡田165−1
営業時間:10時~21時

関連記事:イオンモール高岡、2019年9月14日増床リニューアル開業-新高岡駅前に「西館」、イオン北陸最大級の2館体制に
関連記事:大和高岡店、2019年8月25日閉店-御旅屋セリオの核店舗
関連記事:イオンモール新小松、2017年3月24日開業-北陸最大級のイオン、福井県も商圏に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加