山交百貨店、2019年9月30日閉店-JR甲府駅前

山梨県甲府市のJR甲府駅前にある大型商業施設「山交百貨店」が2019年9月30日に閉館する。

山交百貨店。

JR甲府駅前の大型商業施設

山交百貨店は1954年に「甲府松菱」として開業。1965年に旧山梨交通甲府駅跡附近に移転し、山交百貨店に改称された。
現在の建物は1989年に建築されたもので、スパイラルエスカレータや時計台が設置されるなど豪華な建物となった。
シンボルであった時計台は2008年に撤去されている。建物は地上5階、地下4階(地下2~4階は駐車場など)売場面積は15,774㎡。
日本百貨店協会には加盟していないが、東急百貨店の商品券を利用することができる。


閉店は経営難のためだというか、建物は築29年ほどとまだ新しく、今後の処遇が注目される。

関連記事:MEGAドン・キホーテ甲府店、2019年1月23日開店-山梨初「メガドンキ」
関連記事:ユニー・アピタ田富店、2018年9月9日閉店-増床「イオン」の影響大きく
関連記事:オギノ湯村ショッピングセンター、2018年夏閉店-旧・山交ダイエー、老朽化で
関連記事:イオンモール甲府昭和、11月23日増床リニューアル-全館の8割を刷新

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加