マルショク新守恒店(仮称)、2019年夏開店-イオン徳力店跡もサンリブに

福岡県北九州市小倉南区守恒のイオン徳力店跡地に「(仮称)守恒ショッピングセンター」が建設されることになり、核店舗としてサンリブ(小倉南区)が運営するスーパーマーケット「(仮称)マルショク新守恒店」が2019年夏に開業する。

サンリブ守恒ショッピングセンター(仮称)の建設予定地

サンリブ、ダイエー跡地に次いでイオン跡地にも出店

(仮称)守恒ショッピングセンターは地上2階建てで、延床面積は約5,225㎡。
建設予定地には長らく、イオン九州が運営する総合スーパー「イオン徳力店」(売場面積10,600㎡、旧・徳力サティ)が地域の商業核として営業していたが、同社の経営不振や施設の老朽化に加え、後述する「サンリブもりつね」(ダイエー徳力店・徳力アピロス跡地、今回の新店舗とは別)の進出もあったことから、2017年8月31日をもって閉店していた。

旧・徳力サティ。


イオン徳力店の閉店後は、別棟の「コナミスポーツクラブ」(旧・エグザス)を除き、建物の解体が進められており、敷地内の一部には北九州地場大手不動産会社「大英産業」による複数館新築分譲マンション「(仮称)ザ・サンパークシティ守恒」(地上14階建程度)も数棟建設される予定。

(仮称)守恒ショッピングセンター建築計画のお知らせ。

徒歩圏にもサンリブ-新店はサンリブより「小規模」

徒歩圏内には、同じくサンリブグループのショッピングセンター「サンリブもりつね」が営業しており、テナントとして地場百貨店「井筒屋」のギフトショップや靴量販店「ABCマート」、家電量販店「エディオン」、「くまざわ書店」が出店している。

サンリブもりつね。

そのためか「(仮称)守恒ショッピングセンター」は延床面積5,225㎡、売場面積3,713㎡と、イオン徳力店やサンリブもりつねよりも小規模な店舗となる。

関連記事:アミュプラザ小倉、9月14日リニューアルオープン-小倉駅ビル開業20周年で
関連記事:サンリブシーモール店、7月31日閉店-改装進める「下関の顔」、新店舗誘致へ
関連記事:井筒屋、コレット井筒屋・黒崎井筒屋・宇部井筒屋・飯塚井筒屋の4店を閉店-2019年5月までに
関連記事:イオンモール、スペースワールド跡地の開発を発表-2021年開業、イオン最大級に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加