ドン・キホーテ札幌店、4月16日閉店-3ヶ月間の「2店体制」に終止符

札幌市中央区の狸小路商店街にあるディスカウントストア「ドン・キホーテ札幌店」が4月16日午前5時を以て閉店する。

ドン・キホーテ札幌店。奥にはドンキ狸小路店。

旧「サンデパート」「YESそうご電器」、再開発で解体へ

ドン・キホーテ札幌店は2002年に出店。施設は地上1階〜4階で、売場面積は3,140㎡。
地下2階、地上9階建てのビルは1962年から1984年まで寄合百貨店「サンデパート」として営業し、1984年から2002年までは当時大手家電量販店だった「YES そうご電器」がキーテナントに。2002年2月にそうご電器が経営破綻すると、同年10月からはドン・キホーテと、そうご電器の経営再建を担ったレンタル大手「ゲオ」の店舗が営業を続けてきた。
ビルのある南2条西3丁目地区は再開発対象地域となっており、ビルはドン・キホーテ閉店後に解体される。

ビルはドンキ閉店後に解体される。

狸小路店との2店体制、3ヶ月で終わる

狸小路商店街では1月19日に「ドン・キホーテ狸小路店」が、札幌店のすぐ近くに出店。
札幌中心部のドンキは暫定的に2店体制となっていたが、札幌店の閉店により2店体制は3ヶ月で打ち切られることとなった。

ドン・キホーテ狸小路店。

外部リンク:ドン・キホーテ札幌店
関連記事:ドン・キホーテ狸小路店、1月19日開店-札幌店は近く閉店へ
関連記事:丸井今井札幌本店南館、2018年秋以降の撤退を検討-旧・長崎屋、ジュンク堂など出店

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加