手柄山展望台、3月25日閉館-個性的なデザインの回転展望台、52年の歴史に幕

姫路市の手柄山中央公園にある「手柄山回転展望台」が老朽化のため3月25日に閉鎖されることになった。

手柄山回転展望台。

姫路モノレールと同時期に開業

手柄山回転展望台は1966年に完成。「姫路大博覧会」の開催に合わせたもので、同年には姫路駅から手柄山まで姫路モノレールも開通している。
なお、姫路モノレールは飾磨、山陰方面などに延伸する壮大な計画があったものの、1974年に営業休止、のちに廃止されている。

展示される姫路モノレール。

老朽化で閉鎖へ-解体は未定

手柄山回転展望台のデザインはロサンゼルス国際空港の管制塔をモチーフとしており、新幹線からも見える独特のデザインは手柄山のシンボルとして52年に亘って親しまれてきたが、施設の老朽化により、3月25日を以て閉鎖されることとなった。

独特のデザインは多くの人に親しまれた。

回転展望台の内部はカフェ「手柄ポート」となっており、連日閉鎖を惜しむ多くの客が訪れている。
ある従業員は「最近はそんなにお客さんは多くなかったけど閉鎖が決まってから急に増えたのよ」と淋しげに話した。

喫茶店「手柄ポート」内。

回転展望台は役割を終えるが、解体の予定などは決まっておらず、当面は手柄山のシンボルとしてその姿を留めることになる。

外部リンク:手柄山中央公園(姫路市)
関連記事:船橋西武・小田原西武・ヤマトヤシキ姫路本店が閉店-2月28日
関連記事:MEGAドン・キホーテ姫路広畑店、2018年2月16日開店-イトーヨーカドー跡に
関連記事:旧・姫路モノレール大将軍駅、解体へ
関連記事:西友リヴィン・ザ・モール姫路、2018年5月から7月にかけて閉店-イズミが取得、「ゆめタウン姫路」秋ごろ開店

「グーペ」

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加