ホームセンタージョイ、5月中にブランド消滅-山形地場、サンデーに吸収合併で

イオングループ傘下で東北地方にホームセンターを展開するサンデー(八戸市)は、山形県内で展開する店舗ブランド「ジョイ」を、5月中に「サンデー」に統一する。
ジョイ寒河江店。(3月下旬サンデーにリニューアル)

吸収合併で会社消滅のジョイ、現在は店舗ブランドに

ジョイは1980年に山形県東根市でホームセンター運営会社として設立。その後本社を山形市に移すと、山形県と宮城県で店舗を展開してきた。
2006年に同じくホームセンターを展開するサンデー(八戸市、2003年にイオングループ入り)と資本業務提携を結ぶと、翌2007年には同社の連結子会社に。2015年9月には吸収合併により運営会社が消滅し、ジョイは株式会社サンデーの店舗ブランドとなっていた。

「ジョイ」の名称、5月中に消滅へ

山形県内17店舗の「ジョイ」は、5月中までにブランド名が「サンデー」に変更される。
すでに一部店舗の看板は変更済みで、山形県民にはお馴染みだった「ジョイ」の名称は消滅することとなる。
ジョイの店舗ブランドは全て「サンデー」に統一される。

なお、「ジョイ新庄店」は建物の老朽化と不採算のため5月5日に閉店する。

外部リンク:サンデー公式サイト
関連記事:十字屋山形店が閉店-1月31日に、「十字屋」創業から95年で歴史に幕
関連記事:大沼、企業再生ファンドに経営譲渡で再建へ

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加