「ユニー」と「ファミマ」、2016年中に経営統合へ

スーパーマーケット「アピタ」、「ピアゴ」などを運営し、「サークルKサンクス」を傘下に持つ大手流通企業「ユニーホールディングス」と、コンビニエンスストア国内3位の「ファミリーマート」が2016年中に経営統合する見通しとなった。
uny_piago_isesaki
ユニーの店舗(横浜市)。

ファミマ、流通大手の「ユニー」を吸収合併へ

経営統合はファミリーマートがユニーを吸収合併する形で行われる予定。
スーパーマーケット、コンビニエンスストアともに基本的に店舗は存続する。
新社名、店舗の屋号などについては今後発表するとしているが、日本の流通業界を代表する企業どうしの合併だけに、大型の店舗再編がおこなわれる可能性もあり、今後の動きが注目される。

スーパー業界国内3位のユニー、サークルKサンクスも展開

ユニー」は1912年に名古屋で創業した呉服店を前身とし、愛知県稲沢市に本社を置く。
アピタ」、「ピアゴ」、「miniピアゴ」などのスーパーマーケットを関東・中部・近畿地方、香港、中国で展開しているほか、「サークルKサンクス」を傘下に持つ。

コンビニエンスストア業界国内3位のファミマ

ファミリーマート」は1972年に西友の子会社として設立。西武セゾングループ崩壊後は伊藤忠商事系列となっている。
国内全都道府県に出店しているほか、台湾、中国、タイ、フィリピンなどで店舗を展開しており、西武セゾングループ崩壊後も同じくセゾングループであった良品計画(無印良品)とは業務提携関係にある。

外部リンク:ユニー
外部リンク:あなたと、コンビに、FamilyMart

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【夏を先取り!ゴールデンキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル