心斎橋パルコ、大丸北館に再出店へ-旧そごう本店、2021年開業めざす

大丸を運営するJフロントリテイリングは、「大丸心斎橋店」(しんさいばしみせ)の北館(旧・そごう心斎橋本店)の大部分を傘下のファッションビル「パルコ」(仮称:心斎橋パルコ)とすることを発表し、10月1日に心斎橋店準備室を開設した。

大丸心斎橋店北館。

心斎橋パルコ再出店へ-旧・そごう本店のB2~7階に

大丸心斎橋店北館はそごう本店として1877年に開店。
現在の建物はそごう心斎橋本店として2005年に新築されたもので、2009年の閉店後は大丸心斎橋本店北館として利用されていた。
建物は地下2階、地上14階建て。売場面積は40,780㎡。

旧・そごう心斎橋本店。

一方、かつてあった心斎橋パルコは建物の老朽化などにより2011年に閉店しており、建替え後のビルはパルコの専門店ビル業態「心斎橋ゼロゲート」(H&Mが全床に出店)となっているため、現在は大阪市にパルコは存在していない。

大丸心斎橋店は現在建替え工事を行っており、本館は2019年に完成する予定。パルコが出店するのは北館のうち地下2階から7階の予定で、本館の新装開店後に約40億円を投じて改装をおこない、2021年の開店を目指すという。
daimaruss
旧・大丸心斎橋店本館。現在は建替え中だ。

外部リンク(ニュースリリース):「大丸心斎橋店北館」への新規出店について
関連記事:大丸心斎橋店本館、12月30日閉館-多くの人に惜しまれた最終日
関連記事:錦糸町パルコ(仮称)、2018年秋ごろ開店-西友リヴィン錦糸町(旧・西武)は2017年10月9日閉店へ

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加