イオン下市店、解体・建替えへ-旧・伊勢甚ジャスコ、「食品スーパー化」検討

伊勢甚本社は、かつて自社が運営していた水戸市本町商店街にあるショッピングセンター「イオン下市店」(伊勢甚ジャスコ下市店)を解体して新たな商業施設を建設することを発表した。

イオン下市店。

イオン、跡地に食品スーパー出店を検討

イオン下市店は1982年5月に伊勢甚チェーン下市店として開店。伊勢甚ジンマート下市店を建替えての出店であった。
その後、伊勢甚ジャスコ、ジャスコ、イオンと屋号を変更したが、建物の老朽化に加えて東日本大震災で建物の一部が損傷したため2015年2月に閉店していた。

解体・建て替えを報じた茨城新聞によると、建物の解体は2017年9月中に開始される予定。
イオンは再出店の意向を示しており、今後は伊勢甚本店が新たな建物を建築し、イオン系列の食品スーパーが出店するとみられる。

関連記事:水戸オーパ、3月18日開業-JR水戸駅前、ガルパンショップも出店
関連記事:大洗リゾートアウトレット、まいわい市場・ガルパンギャラリー運営企業が買収

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加