イオンそよら新金岡、2021年夏開業-サティ跡、店舗規模は半分以下に

大阪府堺市北区の「イオン新金岡店」(旧新金岡サティ・エブリー)跡地に、イオンの小型ショッピングセンター「イオンそよら新金岡」が2021年夏に開業する。

イオンそよら新金岡。

新金岡サティ・イオン、2019年に老朽化で閉店していた

イオン新金岡店はショッピングセンターエブリーとして1983年4月に開業。当初の館内はニチイ新金岡店・エブリー専門店街(新金岡商業協同組合)で構成されていた。核店舗は新金岡サティを経て2011年にイオン新金岡店となった。
売場は1階から3階まで、売場面積は15,150㎡で、建物は新金岡商業協同組合が所有していた。しかし、老朽化により2019年5月に閉店。建物はマンションとイオンの新たな商業施設とするため解体されていた。

イオン新金岡店。

新金岡サティ跡、マンションと「イオンそよら」に

「イオンそよら」は、イオンが小商圏の新フォーマットとして展開する都市型ショッピングセンターで、新金岡は2号店。
そよらとは「そら、寄って、楽しんでって!」に由来する。

「イオンそよら」ロゴ。

「イオンそよら新金岡」のコンセプトは「都会の利便性×良好な住環境両方を求める住民たちが集う街のオープンテラス」。
延床面積は6,120㎡。食品売場には「イオンスタイル新金岡」が出店。自然志向の食事やオーガニック、栄養バランス、地産地消など「食の多様化」に対応する。
テナントは16店舗が出店し、子育てを支援する食育・託児サービスやカルチャー教室などを備えた施設になるとしている。なお、完成イメージ画像によるとフレスポしんかな側と連絡橋で接続される模様。
2021年夏の開業を目指して工事が進められている。
なお、旧サティ敷地の半分にはサンヨーホームズの分譲マンション「サンメゾン新金岡レジデンシャル」が建設されている。

店舗前に掲出された告知看板。
(写真:浅葱さんLandscape 101さん

イオンそよら新金岡

住所:大阪府堺市北区新金岡町4-1-11
営業時間:未定

関連記事:イオン、都市型ショッピングセンターを「イオンそよら」に-2020年8月7日発表、由来は「そら、寄って、楽しんでって!」
関連記事:イオン新金岡店・エブリー専門店街、2019年5月19日閉館-旧・新金岡サティ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加