下北沢GARDEN、2020年10月18日閉館-下北沢で最大のライブハウス、将来的に移転めざす

東京都世田谷区の下北沢駅近くのmosia地階にある大型ライブハウス「下北沢GARDEN」が2020年10月18日に閉館する。

下北沢GARDEN。

下北沢最大・500人規模のライブハウスが閉館

下北沢ガーデンは2009年に開業。約500人が収容でき、演劇と音楽の街・下北沢で最大規模のライブハウスとして、ロックバンド、アイドルグループ、劇団など幅広い分野の公演がなされてきた。

様々なアーティストの公演が行われた。

下北沢ガーデンによると、閉館は新型コロナウイルスの感染拡大により厳しい状況が続くなか、テナント権利者と交わしてきた事業存続のための協議が不成立となったためだという。
閉館後に予定されていた公演は実施されず、振替公演などで対応される予定。また、10月25日からは、世田谷区三宿の国立(くにたち)音楽院の地下スペースで「GARDEN 三宿BRUNCH」(仮)として配信ライブを中心に営業し、将来的には新店舗の出店をめざすとしている。下北沢ガーデンではコロナ禍のなか6月1日から「コロナに負けるな!期間限定ライヴ配信プラン」を実施するなどライブ配信にも力を入れていた。
下北沢で最大のライブハウスの消滅を惜しむ声は大きいものの、跡地の活用方法などは9月時点で発表されていない。

関連記事:シモキタエキウエ、2019年11月1日開業-小田急下北線路街、2020年12月までに12施設を開業

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加