大阪シティバス、2020年11月から新塗装に-市バス、41年ぶりデザイン一新

大阪府大阪市の「大阪シティバス」(大阪市バス)が、車両デザインを41年ぶりに一新することを2020年8月28日に発表した。

大阪市バス、緑・白・青の新デザインに

大阪市営バスは1927年に運行を開始。2018年4月からは大阪市高速電気軌道、大阪市などが出資する「大阪シティバス」の運行となっている。
現在の塗装デザインは1979年に採用されたもので、薄黄の車体に黄緑の帯、乗降ドア側リアタイヤの大きな泥除けというスタイルは永年に亘って大阪の公共交通の顔として親しまれてきた。

大阪市営バス。

新デザインは2020年11月から12月にかけて順次運行を開始する新車10両(鶴町営業所5両、酉島営業所5両)から採用されるもの。2019年の更新車両で一部導入された新カラーとも異なり、大手コンビニエンスストアを彷彿させるデザインとなる。
大阪シティバスによると、緑はこれまでのバスの色を踏襲、青は大阪の海・シティバスとメトロのイメージカラーからとしている。

新デザイン(前、シティバスHPより)。


新デザイン(後、シティバスHPより)。

今後、大阪シティバスは車両更新にあわせて534台すべての路線バスを新デザインに置き換える計画であるとしており、車両更新までの数年間は新旧デザインが併存するとみられる。

関連記事:ファミリーマートBYドン・キホーテ、2020年2月29日営業終了-ファミマとドンキのコラボ店「通常のファミマ」に
関連記事:アーバン・ファミマ!!虎ノ門ヒルズビジネスタワー店、2020年2月12日開店-アーバンリサーチとファミマの新業態1号店
関連記事:無印良品、ファミリーマートでの取り扱いを終了-2019年1月28日で
関連記事:淀屋橋駅前にツインタワー建設へー大阪市が都市計画発表、2025年の完成めざす
関連記事:大丸心斎橋店北館、核テナントとして「心斎橋パルコ」「東急ハンズ」「イオンシネマ」など出店-旧・そごう、2020年秋リニューアル開業

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加