淀屋橋駅前にツインタワー建設へー大阪市が都市計画発表、2025年の完成めざす

大阪市は、大阪府大阪市北区の淀屋橋駅周辺を再開発し、ツインタワーを建設する都市計画案を2019年5月30日に公表した。

建設予定地。右が東側。

御堂筋の「ゲートタワー」建設へ

大阪市の都市計画案によると、ツインタワーが建設されるのは
御堂筋と土佐堀筋の交差点である「淀屋橋」交差点前。
この地域周辺には以前にも再開発計画があったものの、景気の低迷などにより凍結されたという経緯がある。

開発エリア東側。
(「大阪市営地下鉄」のCI撤去直前に撮影したもの)

今回の再開発に際して容積率が1600パーセントに引き上げられ、東側には日本土地建物、京阪電鉄により高さ150メートルの、西側には大和ハウス工業、住友商事、住友生命、ミズノ、白洋舍などにより135メートルの超高層ビルが建設される。

東側の大部分は「日本土地建物」が所有。

館内の中高層はオフィス、下層階には商業施設が入居する予定で、イベント広場、テラスなども設けられる計画という。


歴史的建築「ミズノ本店」など解体へ

敷地内には、西側には「ミズノ淀屋橋店(「美津濃」時代からの本店)」や「石原ビルディング」といった歴史的建築物や「住友生命淀屋橋ビル」などが、東側には「日土地淀屋橋ビル」などが立地するが、いずれも計画がまとまり次第、近く解体されるとみられる。

開発エリア西側、ミズノと石原ビルディング。

大阪市中心部ではオフィスの空室率が低い状況が続いており、大阪万博の開催や統合型リゾート誘致、うめきた再開発の進展などにより大型再開発の機運が高まっている。
淀屋橋地区の再開発は、大阪万博が開催される前の2024~25年ごろの完成を目指して工事が進められる。

関連記事:大阪・福島ふくまる通り57、2019年5月15日開業-JR西日本と阪神電鉄、複合商業施設で初コラボ
関連記事:ダイソー梅田OPA店、2019年4月12日開店-ダイソー「新ロゴ」採用1号店、関西最大級
関連記事:ホワイティうめだ・泉の広場、2019年度中に撤去へ-「泉の広場で最後にしたいこと」を募集
関連記事:元祖大阪梅田ミックスジュース、2019年春移転-閉店危機の日本初「駅ナカジューススタンド」存続へ
関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加