新宿 北村写真機店、2020年7月3日開業-ツタヤ傘下となった「カメラのキタムラ」新業態旗艦店

東京都新宿区のJR新宿駅東口に、CCC(ツタヤ)傘下の大手カメラ販売店「カメラのキタムラ」の新業態旗艦店「新宿 北村写真機店」が2020年7月3日に開業した。

ツタヤ傘下となったカメラのキタムラ

北村写真機店が出店するのは、2015年11月に開業した「TSUTAYA ブックアパートメント(TSUTAYA BOOK APARTMENT)」を核にサンドラッグ、スターバックスコーヒーなどが出店していた建物。TSUTAYAは「CCCグループの新たなライフスタイル提案の拠点」にすると発表し、2019年11月に閉店していた。
カメラのキタムラは1934年に高知市堺町で「北村写真機店」として創業した老舗写真・カメラ店であるが、2004年ごろからTSUTAYAを運営するCCCとの提携をすすめ、2018年にCCCの子会社となっており、CCCが同社が運営する「ツタヤ業態」から「カメラのキタムラ業態」へと転換したものであるといえる。

カメラのキタムラ(高知堺町店、創業店を継承した店舗)。

今回の店舗とは大きく雰囲気が異なる。

なお、同社は2011年に代官山T-SITE(蔦屋書店)にもコンセプト小型店「代官山 北村写真機店」を出店していたが、2019年2月に閉店していた。

「ツタヤ流のキタムラ新業態」は「ロゴも一新」

売場は地下1階から6階までの全7フロアで、店舗面積は427坪。
店舗デザインはTONERICO.inc が、カメラの起源であるオブスクラをモチーフにしたロゴは木住野彰悟(6D)が手がけ、これまでの「カメラのキタムラ」とは大きく異なった雰囲気となった。

館内は新品カメラ売場、Leica(ライカ)を中心とした中古カメラ売場「ヴィンテージサロン」、修理や日々のメンテナンスまでサポートするサービスカウンターとして最短中5日仕上げでの修理サービスを提供する「Re-pro Center」やApple正規サービスプロバイダ認定を受けた「アップル製品修理カウンター」、コーヒーを片手に写真プリントや書籍を楽しめる「BOOK LOUNGE」、プロ用機材が完備された「レンタルスタジオ」、写真展示などを行うイベントスペース「Space Lucida(スペースルシダ)」などで構成される。

館内構成。

3階のブックラウンジには、TSUTAYA時代から出店するスターバックスコーヒーが「スターバックス 新宿 北村写真機店」としてリニューアルし、継続出店する。

館内構成。

キタムラとCCC(ツタヤ)は同店について「写真とカメラを愛する方からカメラ初心者の方まで、全ての方へ、豊かなフォトライフを提案していきます」としており、「ツタヤ流にブラッシュアップされたキタムラ」として今後も蔦屋書店などのツタヤ大型店に店舗を広げる可能性もあろう。

開業を記念して蜷川実花氏の写真展など開催

開業を記念し、イベントスペース「スペースルシダ」では、7月3日から8月2日まで写真家・蜷川実花氏による展覧会「蜷川実花展 ー千紫万紅ー」が開催されるほか、階段エリアにはフォトグラファー濱田祐史によるアートフォトが陳列される。

新宿 北村写真機店

住所:東京都新宿区新宿3-26-14
電話番号:03-5361-8300
営業時間:10:00-22:00(カフェは8:00-23:00)

関連記事:カメラのキタムラ、2018年中にCCC(TSUTAYA)の完全子会社に-上場廃止へ
関連記事:TSUTAYA、旭屋書店グループを子会社化-2019年4月に
関連記事:TSUTAYA BOOKSTORE 南港店、2019年12月6日開業-ツタヤ「台湾最大」の大型旗艦店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加