イケウチゲート、2020年6月21日閉店-札幌・丸ヨ池内の本館、老朽化で解体へ

北海道札幌市中央区の札幌市営地下鉄大通駅そばで営業する百貨店「丸ヨ池内」の本館である「IKEUCHI  GATE(イケウチゲート、丸ヨ池内本館)」が、老朽化のため2020年6月21日をもって閉店する。

IKEUCHI GATE.

丸井今井との提携を解消、独自路線を歩む百貨店

丸ヨ池内は1893年に池内金物店として創業。1968年9月に道内大手の百貨店「丸井今井」傘下となり家具・インテリアに特化した百貨店「丸ヨ池内」となった。
その後、1980年代より段階的に専門店比率を拡大、1998年1月に丸井今井との資本業務提携を解消、1999年3月に創業当初から手掛けていた直営家具・インテリア・DIY売場を廃止し、ファッションビル「IKEUCHI LIFESTYLE STORE」に業態転換した。
2010年10月には札幌三越から「NEX180(旧・札幌アルタ)」を取得し、2011年4月に本館を「IKEUCHI GATE」、NEX180を「IKEUCHI ZONE」として一体的にリニューアルした。

ZONE館内のようす(公式サイトより)。

池内グループは百貨店創業当初からの店舗の管理・運営を主要事業とする「開発・店舗事業」、特殊技術を必要とする宗教施設や商業施設のを設計・施工を得意とする「建装事業(池内スペースクリエイト)」に加え、1990年代から携帯電話販売、2010年代からは道内全域及び滋賀県(ピエリ守山)にアウトドア専門店「iGATE」を展開するなど、多角化経営に取り組んでいるが、かつては百貨店業態であり、長らく丸井今井と資本業務提携を締結していたこともあって2020年現在も日本百貨店協会に加盟している。

道内有数のアウトドアブランド集積を形成していた

IKEUCHI GATE(丸ヨ池内本館)の建物は地上9階地下1階建、店舗面積は6,334㎡。
池内グループが運営するアウトドア専門店「iGATE IKEUCHI」の旗艦店を核に、アウトドアウェアブランド「THE NORTH FACE」「Columbia」「HELLY HANSEN」、鉄道模型店「ポポンデッタ」、「タリーズコーヒー」など約30店舗が入居する。
IKEUCHI ZONE(丸ヨ池内新館)の建物は地上9階地下2階建、店舗面積は6,200㎡、延床面積は12,079㎡。
ファストファッション「ZARA」やロリータファッション「KERA」、総合ホビーショップ「ボークス」、手芸用品店「ユザワヤ」、100円ショップ「キャンドゥ」、ネットワークビジネス直営店「アムウェイプラザ」など専門店約20店舗に加えてオフィスなど入居する。

本館は解体へ-新館(旧・アルタ)のみの営業に

本館の閉館は老朽化によるもの。1953年の竣工から築70年近く経過するなど老朽化が進んでおり、耐震性にも課題がみられたため、閉店後に解体される予定だ。なお、竣工から築20年に満たない新館は今後も営業を継続する。
本館建物を所有する池内グループは、具体的な再開発計画について3月時点では発表していない。
大通周辺では2019年6月に閉館したスガイディノス札幌中央店跡地や2020年5月に閉店予定のススキノラフィラ跡地での再開発プロジェクトが検討段階にあり、池内跡も地域の魅力向上に結び付くような開発が期待される。

関連記事:レンブラントスタイル札幌、2019年8月1日開業-ドムドムハンバーガーまみれの「ドムドムルーム」も

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加