キラキラAsobox・Anibox、2020年3月全店舗閉店-ゲーセン大手、運営会社のエターナルアミューズメント破産で

大手ゲームセンター「キラキラ☆Asobox(アソボックス)」やアニメグッズ販売店「Anibox(アニボックス)」などを運営する「エターナルアミューズメント」(本社:東京都千代田区)が2020年3月に東京地裁へ自己破産を申請し、直営店舗の全店が閉店した。

キラキラAsobox秋葉原クレーン店。(旧クレーン研究所跡)
3月から「虹ヶ咲スクールアイドルプロジェクト人気投票」を実施するなどイベントも頻繁に行っていた。

スーパーなどでもお馴染みの大手ゲーセンが破綻

エターナルアミューズメントは2007年6月に設立。
イトーヨーカドーなどのスーパー内や秋葉原などの繁華街にクレーンゲームを中心としたゲームセンター「キラキラ☆Asobox(アソボックス)」、アニメグッズ販売店「Anibox(アニボックス)」など直営店約100店を中心に「タイトーFステーション」のうち鯖江・湊川の2店をFC運営していたほか、クレーンゲームやおみくじ機などといったアミューズメント機器・ゲームマシンのレンタル・卸などもおこなっており、それらを全国約1000ヶ所に設置していた。

キラキラAsobox秋葉原4号店。総武線高架沿い。

近年も不祥事により閉店した「秋葉原クレーン研究所」の店舗を引き継ぐなど他社からの営業譲渡や居抜き出店により店舗数を増やしていたが、新型コロナウイルスの流行により多くの直営店舗を3月6日から営業休止しており、資金繰りの悪化から自己破産に至ったという。
帝国データバンクによると、負債総額は2019年5月期末時点で約68億6100万円にも及ぶ。

キラキラAsobox・Aniboxなどは全店閉店

同社の直営店であった「キラキラ☆アソボックス」「アニボックス」などは、営業休止店舗も含めて3月中に全店閉店している。
引継ぎ店舗等に関しては、3月現在まだ発表されていない。

関連記事:シークベース アキオカ マニュファクチュア、2019年12月12日第1期開業-秋葉原・御徒町駅間の高架下に
関連記事:BITO AKIBA、2019年11月20日開業-ダイビルの新商業ビルブランド、秋葉原駅前に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加