BiTO AKIBA、2019年11月20日開業-ダイビルの新商業ビルブランド、秋葉原駅前に

東京都千代田区のJR秋葉原駅前に、ダイビルの「BiTO AKIBA(ビト アキバ)」が2019年11月20日に開業する。

BiTO AKIBA。

ダイビルの新ブランド、秋葉原初のテナントも多数出店

ダイビルは1923年10月に大阪商船系(現:商船三井・フェリーさんふらわあ)の「大阪ビルヂング」として創業した商船三井傘下の不動産ディベロッパー。1945年10月に大阪建物へ社名変更したのち、1992年1月に同社のビルブランド「ダイビル」を前面に打ち出した現在の社名となった。
同社は2002年3月にバスケットコートとして暫定利用されていた秋葉原駅前の都有地を駅前再開発事業「秋葉原クロスフィールド」の一環で取得し、2005年3月に「秋葉原ダイビル」(地上31階地下2階建、延床面積約50,289㎡)を開業、2010年に隣接する飲食専門ビル「秋葉原駅前プラザビル(現・秋葉原ダイビル駅前プラザ)」を取得、2015年に都有地であった秋葉原駅付近土地区画整理事業保留地及び隣地を取得し「(仮称)秋葉原プロジェクト」を発足するなど、秋葉原地域の再開発事業に関与し続けていた。

秋葉原ダイビルの全景。秋葉原で最も高い建物。

BiTO AKIBAは(仮称)秋葉原プロジェクトとして2017年11月に着工、2019年7月に竣工したもので、建物は地上11階建地下2階塔屋2階建、延床面積は4,948㎡。
同施設は、ダイビルの2018年~2022年度中期経営計画「“Design100”プロジェクト Phase-Ⅱ」の一環として、「美しい都」「ビルに集う人々」という意味を込めて新規設立した商業ビルブランド1施設目。外観デザインは、江戸時代の工芸品「ガラスの重箱」をモチーフにしたものとする。

BiTO ロゴデザイン。

テナントとして、イオングループのドラッグストア「ウエルシア」や大手回転寿司チェーン「スシロー」、銀だこのハイボール酒場業態「ギンダコ秋葉横丁」、北海道滝川市に本店を置くジンギスカン専門店「松尾ジンギスカン」の都内4号店など、秋葉原初となる店舗が多数出店する。

隣接する秋葉原ダイビル駅前プラザ(左)。


今回のBiTO AKIBA開業に合わせて、同社が運営する「秋葉原ダイビル駅前プラザ」は「BiTO AKIBA PLAZA」に改称、BiTOは2館体制となる。なお、秋葉原ダイビル(本館)は改称されない。

BiTO AKIBAのテナント一覧
テナント名
11階 Bee(ダーツバー)
10階 大衆酒場ちばチャン(居酒屋)
9階 北海道(居酒屋)
8階 BIG ECHO(カラオケ)
7階 BIG ECHO(カラオケ)じぶんどき(居酒屋)
6階 かまどか(居酒屋)
5階 東京串焼倶楽部(焼き鳥)松尾ジンギスカン(ジンギスカン)
4階 ギンダコ秋葉横丁(居酒屋)大戸屋ごはん処(定食屋)
3階 東京焼肉平城苑ベジしゃぶ(焼肉しゃぶしゃぶ)
2階 ウエルシア(ドラッグストア)
1階 ウエルシア(ドラッグストア)
地階 スシロー(寿司)

 

BiTO AKIBA

住所:東京都千代田区外神田1-18-19
営業時間:店舗によって異なる

関連記事:コトブキヤ秋葉原エキナカ店、2018年9月30日閉店-秋葉原らしい「ホーム上のホビー店」、見納めに
関連記事:ゲオGAMESアキバ店、2018年2月10日開店-ゲオ、秋葉原に「ゲーム販売旗艦店」

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加