熊本パルコ、2020年2月29日閉店-33年の歴史に幕、跡地は同社核の複合商業施設に

熊本県熊本市中央区の下通商店街にあるファッションビル「熊本PARCO(熊本パルコ)」が2020年2月29日午後8時をもって閉店した。

閉店当日の熊本パルコ。

熊本の若者ファッションを牽引したパルコ

熊本パルコが入居するビル「新世界会館」は、1971年10月に新世界映画劇場跡地を再開発し開業。建物は地上9階地下1階建、所有者は地場不動産・飲食業の三陽(三笠うどん)。
開業当初は大手総合スーパー「サンバード長崎屋熊本店」を核とする商業施設として営業を行っていたが、1984年2月に経営不振のため閉店していた。
熊本パルコは1986年5月に開店。営業フロアは地上9階~地下1階、売場面積は9,051㎡、2018年度の売上高は約40億円。
熊本市中心部を代表するファッションビルとして、店舗前に設置されている水圧で回転するオブジェ「グラニッドボール(通称:パル玉)」とともに親しまれていたが、近年は売上が低迷、店舗建物も築50年近く経過しているため、閉店が決まった。

パル玉。

新型肺炎に翻弄された営業最終日に

熊本パルコ営業最終日の29日は、開店時間を10分ほど前倒し、午前9時50分の開店とともにパルコの外観写真を施した記念品「限定手ぬぐい」の配布を開始。午後5時40分からは記念催事「さよならPARCO」展示写真や店舗、街並みの写真をおさめた記念誌「写真集型タブロイド」を配布したこともあり、多くの熊本市民が列をつくった。
その一方、新型コロナウイルス(新型肺炎)の影響を受け、閉店記念式典の中止が決まっていたことから、従業員による挨拶を中心とした静かな閉店となった。

記念誌を求め多くの熊本市民が集まった。

今後、パルコ跡は建物を解体し、パルコが運営する新業態の店舗とマンション等を核とした複合商業施設へと建て替えされることになる。

関連記事:サクラマチクマモト、2019年9月14日開業-熊本交通センター・くまもと阪神跡、149店が出店
関連記事:ドン・キホーテ熊本下通り店、2018年11月30日開店-ZARA跡、近隣の既存店もリニューアル

関連記事:鶴屋ラン・マルシェ、2018年9月2日閉店-下通の高級食品館、近隣のZARAも閉店に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【HAPPY!オータム2020キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加