高島屋東別館・ホテルシタディーンなんば大阪、2020年1月20日開業-「高島屋史料館」も復活

大阪府大阪市浪速区日本橋の「高島屋東別館」が約3年間にわたる全面改装を終え、2020年1月20日にリニューアル開業する。

高島屋東別館。

松坂屋の関西旗艦店として開業した「高島屋東別館」

高島屋東別館の現在の建物は1928年に、名古屋地盤の百貨店「松坂屋大阪店」として開業。建物は地上7階地下2階建。松坂屋上野店や野澤屋百貨店(横浜松坂屋)を手掛けた鈴木禎次設計のもと、開業から約9年間、1937年まで3度にわたる増築工事が行われている。
松坂屋大阪店は開業以来、松坂屋の関西における旗艦店として40年近く営業を続けていたが、大阪の中心商業地が堺筋から心斎橋筋に移動、競合店と異なり鉄道駅に直結しておらず集客面で優位性を維持できず、さらなる増床も困難であったため、1966年をもって店舗を京阪天満橋駅ビルに移転、建物を施工した建設大手「竹中工務店」に売却していた。

改装工事前の高島屋東別館。

なお、松坂屋は2004年5月をもって松坂屋大阪店を閉鎖し大阪市内から完全撤退、京阪天満橋駅ビルは2005年5月に京阪グループの商業施設「京阪シティモール」に業態転換している。

高島屋の本社機能担う「東別館」3年間全面改修していた

高島屋は1968年に高島屋グループの本社及び店舗事務所機能を備える「高島屋東別館」を開設。1969年に建物を竹中工務店から取得し、1970年に「株式会社設立50周年事業」の一環として同社の歴史資料・美術品を展示する「高島屋史料館」を開館した。
高島屋東別館には長らく、高島屋グループの事務所や高島屋史料館、友の会サロンに加え、テナントとして結婚式場「チャペルグリーンベルなんば」やカフェ「三番館」が入居していたが、2016年10月以降、耐震工事を伴う改装のため施設を段階的に閉鎖していた。
その後、2019年に躯体及び外壁補修工事を完了、国指定有形文化財の指定を受け「国土の歴史的景観に寄与しているもの」と評価されている。

改装中の高島屋東別館。

改装後の高島屋東別館は地上9階地下3階建、賃貸面積は約18,000㎡(従来比約4倍)、延床面積は約41,000㎡、投資額は145億円(賃貸エリア89億円、自用エリア56億円)。
高島屋東別館リノベーション事業のテーマとして、同社の企業理念である「変わらないのに、あたらしい。」を掲げ、外観は既存素材のテラコッタや意匠を残す一方、内装は階段・エレベーター廻りに見られる大理石やアールデコ調の装飾を活かしつつ全面的に刷新、「新旧が交錯する空間」を目指す。
また、高島屋本社事務所及び一部グループ会社事務所の「高島屋グループ本社ビル」(東京都中央区日本橋)移転により生じた空間に、滞在型ホテル「シタディーン」(約17,000㎡)を誘致、合わせて高島屋史料館(約1,500㎡)や事務所機能(約2,100㎡)を刷新する。

高島屋史料館ロビー。



高島屋の本社機能は東京・日本橋に移転した。

高島屋史料館は、改装を機に高島屋東別館北側3階に移転。施設面積は約1,500㎡(展示室ほか約600 ㎡、収蔵庫約900㎡)。
史料館は開館50周年を迎えることから、コンセプトに「当社が未来に向けて成長し続けるための戦略拠点としての企業史料館」を掲げ、従来からの企画展示室に加え、ロビー(約90㎡)には所蔵品約700点を鑑賞可能な大型タッチパネル「高島屋コレクションボード」を設置、展示室(約500㎡)にはデジタルコンテンツを閲覧可能なアーカイブ展示室を併設するなど、全面リニューアルを実施する。

高島屋史料館展示室。

シタディーンでは高島屋大阪店や史料館との連携も

滞在型ホテル「シタディーン大阪なんば」は、高島屋東別館南側1階~7階に開設、客室数は313室。運営はシンガポールの不動産大手「キャピタランド」の完全子会社「アスコットジャパン」(2002年設立)によるもので、シタディーンの出店は東京新宿(2館)、京都に続いて日本4館目となる。(詳細は過去記事を参照
シタディーン大阪なんばは、コンセプトに「The Department Hotel」を掲げ、「昭和初期の百貨店建築の面影を残すアールデコ調の華麗な装飾を活かしつつ、木のぬくもりを感じるモダンなお部屋がくつろぎの時間を提供する」としている。

シタディーン大阪なんば客室。

館内にはレストラン&カフェやジム、ミーティングルーム、キッズルーム、レジデンスラウンジを併設、高島屋大阪店や高島屋史料館と連携した宿泊者専用サービスや来店促進プロモーションも提供する。

シタディーン・ジム。

高島屋東別館・シタディーン大阪なんばは、訪日外国人観光客のインバウンド需要で賑わう「黒門市場」や電気・サブカル街「日本橋でんでんタウン」に隣接しており、高島屋の関西旗艦店である「高島屋大阪店」や心斎橋筋商店街も徒歩圏内にあることから、周辺施設との相乗効果も期待される。

高島屋東別館

住所:大阪府大阪市浪速区日本橋3丁目5-25

関連記事:ホテルロイヤルクラシック大阪、2019年12月1日開業-新歌舞伎座跡に
関連記事:大丸心斎橋店本館、2019年9月20日13時開業-86年ぶりの本館建替え、新業態・関西初を含む368ブランド出店
関連記事:WeWork御堂筋フロンティア、2019年6月3日開業-長期放置の御堂筋フロントタワー、大規模シェアオフィスに
関連記事:ドン・キホーテ道頓堀北館、2019年4月18日開店-ドンキ初「インバウンド強化店」
関連記事:なんばスカイオ、2018年10月17日開業-南海難波駅直結、南海本社跡の超高層複合ビル
関連記事:南海難波駅、高島屋・マルイ間に”駅前広場”、2019年開設

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加