天神ビブレ、2020年2月11日閉店-再開発で、12月7日から閉店セール始まる

福岡県福岡市中央区天神の西鉄福岡(天神)駅、地下鉄天神駅近くにあるイオングループのファッションビル「天神ビブレ」が再開発のため2020年2月11日に閉店することに伴い、2019年12月7日から閉店セールが開始された。

閉店セールが始まった天神ビブレ。

天神コアとともに流行を牽引してきたファッションビル

天神ビブレは1976年11月に、大手総合スーパー「ニチイ」の百貨店業態「ニチイ天神ショッピングデパート」として西鉄街・因幡町商店街などを再開発して生まれた再開発ビル「天神第一名店ビル」に開業。建物は地上10階地下2階建、営業フロアは地上8階~地下2階、営業面積は10,754㎡、専門店数は約70店舗。(2019年現在)
1982年3月に同社ファッションビル「天神ビブレ21」に転換して以降は館内通路で直結する西鉄グループの「天神コア」とともに九州有数の若年層向けファッション集積地を形成、8階に大規模音楽ライブホール「ビブレホール」を整備するなど、福岡の流行を牽引してきた。

隣接する天神コア、2020年3月閉店予定。

天神ビブレは1997年2月に、因幡町通りを挟み隣接する天神東急プラザとして開業した「MMTマルチマート天神ビル」(地上9階地下2階建)の低層階(ベスト電器福岡本店仮店舗跡)に新館「天神ビブレ2」を開業するなど、マイカルグループ(当時)の九州における旗艦店として営業を続けていたが、同社の経営破綻を受けて2001年3月をもって新館を閉店していた。

天神ビブレとMMT。

その後、運営会社の再編に伴い2011年3月に「イオンリテール」のビブレ・フォーラス事業部に、2016年3月には旧ダイエー系でイオンモール完全子会社の「オーパ」に運営移管されている。
なお、MMTビルについては現在福岡地所が所有しており、核テナントとして「ジュンク堂書店福岡店・丸善福岡店」や「ダイソー」、「ヒューマンアカデミー」などが出店している。

近年はサブカル強化、福岡吉本の劇場も

近年は近隣の岩田屋本店旧本館跡にパルコが進出、博多駅周辺にもJR博多シティ(アミュプラザ博多・博多阪急)や丸井といった競合施設が相次ぎ進出したことから、以前から定評のあったゴスロリ・甘ロリ系の店舗に加えて、「アニメイト」「文教堂ホビー」「駿河屋」などサブカル系の店舗や「スポーツオーソリティ」「Mt.石井スポーツ」などスポーツ・アウトドア関連の店舗集積を強化、ファストファッション「GU」の大型店を導入、2018年9月にはビブレへの業態転換当初から営業していたビブレホールを「よしもと天神ビブレホール」にリニューアルするなど独自の立ち位置を構築していた。
天神ビブレでは、2019年12月7日より閉店セールが開催されている。

福ビル、天神コアと一体再開発へ-地階にイオン

天神エリアでは、福岡市が「天神ビッグバン」と称して高さ制限や容積率の規制緩和による民間再開発促進事業を推進しており、2024年を目処に天神ビブレと同じ区画内にある「福岡ビル」(2019年3月閉館)及び「天神コア」(2020年3月閉店予定)の跡地にオフィスやハイクオリティホテルを備えた西鉄グループの複合商業施設(地上19階地下4階建、延床面積約100,000㎡、高さ約96m)が開業を予定しており、天神ビブレはこの新ビルの一部として取り込まれる。

福岡ビル・天神コア跡地に建設予定の建物イメージ。

新ビルは低層部分が商業施設となり、地下1階・地下2階にはビブレに変わって同じイオングループの「イオンモール」などが出店する食品売場、飲食街が設けられる予定。また、中層階にはオフィスが、高層階にはホテルが設けられる。
今後、2024年の1期開業を目指して工事が進められる。


新ビルのフロアプラン。地下部分はイオンが出店。

MMTビル跡にはジュンク堂が再出店検討

一方、隣接するMMTビルとその周辺(新生飯店・楽天地など)も近く再開発を実施し、福岡市役所北別館とともに19階建て規模の複合ビルを建設することが計画されている。

MMTビル。

都商研の取材と地元メディアの報道などによると、ジュンク堂書店は2020年6月を目処に閉店。高層階はオフィスとなるほか下層階には現在MMTビルに出店する「ジュンク堂書店」が再出店することを検討しているという。

関連記事:都ホテル博多、2019年9月22日開業-近鉄博多ビルの再開発完成、滝の流れるホテルとして復活
関連記事:天神コア、2020年3月31日閉館-西鉄「天神一高い」複合ビル建設へ
関連記事:天神ショッパーズ福岡、2019年4月25日開業-旧ダイエー、複合商業施設に
関連記事:福岡ビル、2019年3月末閉館-TSUTAYAはショッパーズに、西鉄本社は博多に移転
関連記事:イムズ(IMS)、2021年度閉店-福岡・天神のシンボル、再開発で32年の歴史に幕
関連記事:変わる「天神のショッパーズ」(2)-「ミーナ」「ノース」、福岡スタンダード石油に売却・将来的には再開発検討へ
関連記事:変わる「天神のショッパーズ」(1)-旧ダイエー、複合オフィス「天神ショッパーズ」として2019年リニューアル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【夏クルー!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加