ピアレマート直江津店、2019年10月25日開店-イトーヨーカドー跡、2階には無印良品が出店へ

新潟県上越市の直江津駅近くにあるショッピングセンター「直江津ショッピングセンター」の新たな核店舗として1階に「ピアレマート直江津店」が2019年10月25日に開店する。そのほか2階の核店舗として無印良品が出店の意向を示しているという。

旧・イトーヨーカドー直江津店。

ヨーカドーが撤退していた直江津ショッピングセンター

直江津ショッピングセンターはイトーヨーカドー直江津店を核にエルマール専門店街を併設するかたちで1987年6月に開店。売場面積は13,630㎡で、建物は同市に本社を置く頸城自動車(1971年以前は頸城鉄道自動車)系列の「マルケーエスシー開発」が所有。店前には頸城自動車のバス停があるほか、館内には系列の旅行代理店も入居していた。
しかし、核店舗であったイトーヨーカドーは2019年5月に閉店。その後は専門店街のみで営業をおこなっていた。


スーパー、5ヶ月ぶり再開-2階は無印良品が出店へ

新たな核店舗となるのは、スポット(新潟県長岡市)が運営する食品スーパー「ピアレマート直江津店」。イトーヨーカドーの1階直営部分跡地への出店で、ピアレマートは上越市初出店となる。
また、そのほかにベーカリー「パリクロアッサン」など約40店舗の専門店が出店。多くはイトーヨーカドー営業時からの継続出店となるが、100円ショップ「ワッツ」など一部テナントは2階から1階へと館内移動している。
2階は一部のテナントを除いて営業をおこなっておらず閉鎖状態となっているが、地元紙「新潟日報」などによると無印良品を運営する良品計画(東京都豊島区)が出店する意向であるといい、直江津ショッピングセンターは近く全館が営業を再開することとなる。
2階部分の空き床(旧ヨーカドー部分+1階に移転した専門店部分)は4,000㎡以上あるとみられ、無印良品としては新潟県内最大級の店舗となる可能性もある。

関連記事:イトーヨーカドー直江津店、2019年5月12日閉店-新たなテナントを誘致へ
関連記事:原信下飯野店、2019年10月19日開店-原信、ショッピングセンター業態で富山市初出店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加