イトーヨーカドー直江津店、2019年5月12日閉店-新たなテナントを誘致へ

新潟県上越市直江津の中心部にある「イトーヨーカドー直江津店」が2019年5月12日に閉店する方針であることが分かった。
(日程は変更される可能性あり)

イトーヨーカドー直江津店。

31年半の歴史に幕-新潟のヨーカドー、1店舗のみに

イトーヨーカドー直江津店は1987年6月に開店。売場面積は13,630㎡で、建物は同市に本社を置く頸城自動車(1971年以前は頸城鉄道自動車)系列の「マルケーエスシー開発」が所有。店前には頸城自動車のバス停があるほか、館内には系列の旅行代理店も入居する。
建物には「直江津ショッピングセンター」の名称があり、店舗は1階から2階。核店舗であるイトーヨーカドー(7,000㎡)のほかに「エルマール専門店街」が同居しており、多くのテナントが出店している。

エルマールのロゴも。


複数の地元メディアによると、閉店日は5月12日となる可能性が高い。
建物は築30年とそれほど古くなく、頸城自動車は新たなテナントを入居させて営業を継続する方針を示しているが、新たな核テナントなど具体的な再生案については12月時点でまだ発表されていない。

同店が閉店すると、新潟県内のイトーヨーカドーは「イトーヨーカドー丸大新潟店」(新潟市)の1店舗のみとなる。

関連記事:イトーヨーカドー丸大長岡店、2019年2月までの閉店検討-丸大本店、67年の歴史に幕へ
関連記事:イトーヨーカドー丸大柏崎店、8月19日閉店-37年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加