ドン・キホーテUNY大桑店、2019年10月1日開店-埼玉県内初となるダブルネーム店舗、加須市のピアゴ跡に

埼玉県加須市のピアゴ大桑店跡に、ディスカウントストア「ドン・キホーテUNY大桑店」が2019年10月1日午前9時に開店する。

ドン・キホーテUNY大桑店。

埼玉県内初となるドンキUNY、生鮮3品は廃止

ドン・キホーテUNY大桑店の前身となる「ユニー大桑店」は1994年11月に開店。ユニーグループの店舗ブランド再編に伴い、2009年2月に店舗名を「ピアゴ大桑店」に改称したが、ドンキへの業態転換のため2019年7月7日をもって一時閉店、一部専門店のみが営業を継続していた。

ドン・キホーテUNY大桑店の建物は地上3階建、営業フロアは1~2階、直営売場面積は4,090㎡。当初、ユニーの100%子会社として設立された「UDリテール」が運営する。ドンキとしては埼玉県内22店舗目(essence業態含む)で、ユニー・ドンキ双方のブランドを冠したダブルネーム店舗としては埼玉県内初となる。
ピアゴ時代と異なり生鮮3品(青果・鮮魚・精肉)の取扱いを廃止し、カネ美食品の総合惣菜店舗「kanemi」を一食完結型の弁当・惣菜強化型売場にリニューアルする一方、冷凍食品や菓子、飲料、酒を強化することで共働き世代の需要に対応。地域最大級の化粧品売場やカラーコンタクトレンズ・ブランド衣料・インポート商品売場を展開するなど「商圏内に少ない若年層向けのトレンド発信拠点」を担うとしている。
また、店舗敷地内駐車場にドラッグストア「マツモトキヨシ」と「ロッテリア」が引継ぎ出店する。
今回のピアゴ業態転換に伴い、埼玉県内のユニーブランドの店舗はアピタ3店舗(うち2店舗はウォークモール内に出店)のみとなる。


ドン・キホーテUNY大桑店

住所:埼玉県加須市鳩山町10 番地10
営業時間:午前9時~翌午前2時

関連記事:ドン・キホーテ栃木平柳店、2019年9月19日開店-ヤオハン、e3・ガラクタ鑑定団跡
関連記事:ドン・キホーテUNY藤岡店、2019年7月30日開店-ピアゴ跡、生鮮売場は廃止
関連記事:ユニー・アピタ吹上店、2019年4月閉店-21年の歴史に幕

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加