阪急オアシス山下店、2019年7月31日閉店-山下Mechaビルの核、一部専門店は営業継続

兵庫県川西市の能勢電鉄山下駅近くに位置するショッピングセンター「山下Mechaビル」(阪急オアシス山下店・ココカラファインライフォートマルゼン山下店)が、2019年7月31日をもって閉店する。
Me・cha enjoyable life store.

山下駅近くの大型店、オンセンド1店舗のみ営業継続

山下Mechaビルは1994年9月開業。建物は地上2階地下1階建で、店舗面積は3,439㎡、建物は地元の不動産会社が所有する。
核テナントの「阪急オアシス山下店」は1994年9月に、医療機器・医薬品大手「ニプロ」(旧・日本硝子商事→ニッショー)が運営する関西地場中堅食品スーパー「ニッショー山下店」として開店。2006年7月の阪急百貨店グループ入り、複数回にわたる運営会社及び店舗ブランド再編に伴い、2009年3月より現在の店舗名に改称している。
阪急オアシス山下店。(旧・Mechaニッショー山下店)


準核テナントの「ココカラファインライフォート山下店」は1994年9月に、兵庫県地盤のドラッグストア「マルゼン山下店」として開店。2004年5月の運営会社社名変更、2010年10月のココカラファイン傘下入り、2013年4月の運営会社再編後も店頭では「マルゼン」の屋号を残し営業していた。

ココカラファインライフォート山下店。(マルゼン山下店)

山下Mechaビルでは2019年6月に「青い鳥クリーニング」が先行して閉店しており、7月31日の阪急オアシス、ココカラファインの閉店により、営業を継続する店舗は低価格衣料品店「オンセンド」1店舗のみとなる。

H2Oリテイリングでは近隣に新店舗を出店

阪急オアシスを運営するH2Oリテイリングは、2017年9月に能勢電鉄多田駅前に位置する総合スーパー「イズミヤ多田店」の大規模改装を実施、2019年8月上旬に川西市内で進められる土地区画整理事業の核として大型ショッピングセンター「オアシスタウンキセラ川西」(阪急オアシスキセラ川西店)の開店を予定するなど、積極的な新規出店及び既存店のリニューアルを進めており、山下店の閉店はスクラップ&ビルドの一環とみられる。
阪急オアシス山下店の閉店後、店舗徒歩圏内のスーパーは畦野駅前の「コープこうべ うねの店」、山下駅前の「フードネットマート山下店」2店舗のみとなる。

関連記事:イオンタウン川西、2018年11月23日開業-ダイエーから「移転」
関連記事:ダイエー川西店、2018年11月17日閉店-老朽化で「イオンフードスタイル」として移転へ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加