大沼米沢店、2019年8月15日閉店-改装から僅か1年で

山形県米沢市の百貨店「大沼米沢店」が、2019年8月15日に閉店する。

大沼米沢店。

経営再建中の大沼、3月に地元資本に戻っていた

大沼は1700年に創業。1950年に百貨店となった。
大沼米沢店は1970年に開業。1971年には大沼酒田店も開店させ、経営規模を拡大した(酒田店は酒田大火により移転、その後ダイエーに譲渡され閉店)。
同社は仙台市の百貨店などとの競争に加えて耐震補強・店舗改装に多額の資金が必要になることから、2017年に企業再生ファンド「マイルストーンターンアラウンドマネジメント」(MTM社、東京都)の傘下となり、その資金を活用して支店である米沢店の改装などが行われ、同店は2018年4月に改装工事が完了したばかりであった。
しかし、その後はMTM社による資金供給が予定通り行われておらず、計画されていた本店の改装などができない状態となっていたため大沼経営陣とファンド側との対立が発生。2019年3月には同社の幹部ら9人が立ち上げた「大沼投資組合」が経営を引き継ぐこととなり、経営再建に当たっていた。


改装から僅か1年で閉店に

大沼米沢店の閉店は4月4日に行われた取締役会で発表されたもの。
先述したとおり同店は2018年に改装されたばかりであり、地元にとっては突然の出来事となった。

大沼米沢店内。

大沼米沢店の閉店を以て、山形県置賜地方からは百貨店が消滅する。
閉店後は米沢市内に大沼のギフトサロンを設置する計画だという。

関連記事:ななっく、2019年6月2日閉館-親会社の経営難で、大沼にも影響か
関連記事:大沼、再び「地元資本」に-2019年3月から、企業再生ファンドとのトラブルで
関連記事:大沼、企業再生ファンドに経営譲渡で再建へ
関連記事:大沼米沢店、2018年4月25日全館リニューアル-再建中の大沼、米沢店の売場を3フロアに集約

 

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加