ななっく、2019年6月2日閉館-親会社の経営難で、大沼にも影響か

岩手県盛岡市の肴町商店街にあるコミュニティデパート(複合商業施設)「ななっく」(Nanak)が2019年5月に閉館する。
追記:閉館日は6月2日となった。

旧・中三盛岡店、企業再生ファンドの運営だった

旧・中三盛岡店は1981年5月に開店。売場面積は17,126㎡。もともと建物は1956年から川徳百貨店が使っていたものだったが、同店の移転に伴い空き店舗となっており、その建物を購入しての出店だった。中三盛岡店は2011年3月11日に発生した東日本大震災の3日後の3月14日に地震の影響とみられるガス爆発が発生。そのまま閉店となった。
中三において年商の約3割を占めていた同店が営業休止に陥ったことは、兼ねてより経営状況が悪化していた同社にとっては致命傷となった。青森店、弘前店も震災の影響で売上が落ち込み、3月30日に民事再生法の適用を青森地裁に申請・受理され、中三は倒産した。
その後、企業再生ファンド「マイルストーンターンアラウンドマネジメント」(MTM社、東京都)が中三から盛岡店の譲渡を受け「Nanak」(ななっく)として2012年10月に営業を再開した。店舗名の由来は「河南」から。
p1040784複合商業施設「ななっく」。


2019年現在、テナントとしては地場スーパー「マルイチ」が運営する食品館「プレンティ」を核に、「ダイソー」、「ABC-MART」、公共施設などが出店する。かつては「フランフラン」、「ラオックス」なども出店していたが近年はテナントの撤退が相次ぎ、一部フロアを閉鎖していた。

親会社「MTM社」の経営難か-「大沼」にも影響

岩手県内の地元メディアの報道によると、閉館は「ななっく」を運営する企業再生ファンド「MTM社」の経営悪化が一因だとされており、最近は同社側から入居テナントへの売上金入金もままならない状態であったという。
さらに、東京商工リサーチなど複数メディアの報道によると、MTM社の傘下となっている百貨店「大沼」(山形市)についても、別の投資会社も絡んだかたちでのトラブルが発生しており、その影響からMTM社による資金供給が予定通り行われておらず、同社の経営難から計画されていた本店の改装などができない状態であるとされる。
P1050047-
大沼山形本店。改装予定だったが計画どおりに進んでいない。

今後のMTM社の動向によっては、東北の小売地図が大きく変わる可能性もある。

外部リンク:Nanak(ななっく)
外部リンク:山形の老舗百貨店「大沼」の再建が暗礁(東京商工リサーチ)
関連記事:中三青森本店、2019年4月30日閉店-再開発ビル下層階に再出店を検討
関連記事:大沼、企業再生ファンドに経営譲渡で再建へ
関連記事:中三百貨店、MIK傘下で経営再建へ

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加