(仮称)ららぽーと愛知東郷町、2020年秋開業-愛知県2店目のららぽーと

愛知県東郷町に大型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」が2020年秋の開業を目指して2019年3月1日に着工される。

(仮称)ららぽーと愛知東郷町。

東郷町が進める「セントラル開発」の中核施設

「ららぽーと愛知東郷町」は三井不動産が開発するショッピングセンターで、愛知県2店目のららぽーととして愛知県東郷町の東郷中央土地区画整理事業地に出店。現在、予定地は田畑などとなっている。
同店の開発は、東郷町が進める「セントラル開発」の一環。区画整理地にショッピングセンターを核とする新たな町を整備し、地域の中心として整備する計画で、当初は2018年ごろの開業が予定されていたが、諸事情により着工が延期されていた。

「名古屋みなとアクスル」より大規模に

ららぽーと愛知東郷町の環境デザインコンセプトはコミュニティの拠点となる「街のクラブハウス」。
建物は延床面積約190,200㎡、店舗面積約63,900㎡の4階建て(売場は3階まで)で、総店舗数(テナント数)約230店、駐車場台数は約3,900台を予定している。愛知県のららぽーと1号店である「ららぽーと名古屋みなとアクルス」よりも大規模なものとなるが、具体的なテナント名などは2月時点では発表されていない。

館内・センターコートのようす。


また、屋外には約4,000㎡の緑地とイベントスペースも整備される。
最寄駅は日進駅だが2kmほどあるため徒歩でアクセスすることは難しい。敷地内にはバスターミナルや交通広場が設置される予定だ。
(画像は三井不動産より)

ららぽーと愛知東郷町

住所:愛知県愛知郡東郷町春木他(東郷中央土地区画整理事業地の一部)

外部リンク:愛知県中部エリア最大級となるリージョナル型ショッピングセンター「(仮称)ららぽーと愛知東郷町」3月1日着工 2020年秋開業予定
関連記事:名古屋テレビ塔、2019年1月7日から長期休業-2020年夏の営業再開めざす
関連記事:ららぽーと名古屋みなとアクルス、2018年9月28日開業-東邦ガス複合再開発地区の中核施設
関連記事:プライムツリー赤池、2017年秋開業-セブンアイのショッピングセンター、東海地方初出店

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加