MEGAドン・キホーテ福重店、2019年6月開店-長崎屋運営、ダイエー・イオン福重店跡に

福岡県福岡市西区のイオン福重店跡に「MEGAドン・キホーテ福重店」(仮称)が2019年6月に開店する。

改装が進むMEGAドン・キホーテ福重店の建物。
既に一部がメガドンキの色となっている。

ダイエー・イオン跡に「MEGAドンキ」が進出

MEGAドン・キホーテ福重店(仮称)が出店する建物は1983年11月、ダイエー傘下の流通大手「ユニード」が運営する総合スーパー「福重アピロス」として開店。運営会社再編の一環で1994年に「ダイエー福重店」に改称、2015年9月には「イオン福重店」に再度改称し営業を継続していたが、建物の老朽化や競争激化もあり2018年9月をもって閉店していた。

旧・イオン福重店。

イオン時代の売場面積は15,152㎡で、建物は福岡市の中堅不動産会社「西部日本エンタープライズ」が所有する。


長崎屋、17年ぶり九州進出-九州最大のドンキに

旧イオン福重店前には長崎屋の看板が設置されており、MEGAドン・キホーテ福重店(仮称)はPPIH(旧ドン・キホーテHD)の総合スーパー「長崎屋」が運営することが明らかになった。同社は2002年まで九州地方に大型スーパー「サンバード長崎屋」の店舗を展開しており、ドンキブランドとしてではあるものの約17年ぶりに九州地方に再進出することとなる。
同店はドン・キホーテグループの店舗としては九州最大。
4月現在、生鮮食品(精肉・鮮魚・惣菜)の従業員募集が行われており、イオン時代と同様にフルラインの生鮮食品を展開する可能性が高い。

店舗前に設置された看板。

近隣は福岡地所の大型ショッピングセンター「木の葉モール橋本」(サンリブ)や「ミスターマックス橋本ショッピングセンター」(ハローデイ)、低価格志向の食品スーパー「サニー」、「マルキョウ」が立地する商業激戦区であるが、ダイエー・イオンが撤退して以降、衣食住を展開する大型総合スーパーが消滅していたこともあり、MEGAドンキは近隣住民にとって待望の大型ディスカウント店となるだろう。

MEGAドン・キホーテ福重店

住所:福岡県福岡市西区拾六町1丁目7-1
営業時間:未定

関連記事:福岡ビル、2019年3月末閉館-TSUTAYAはショッパーズに、西鉄本社は博多に移転
関連記事:マークイズ福岡ももち、2018年11月21日開業-旧・ホークスタウン跡地
関連記事:イオン原ショッピングセンター、2019年1月31日閉店-閉店止まらぬイオン九州

関連記事:イオン福重店、2018年9月30日閉店-旧・ユニードダイエー福重アピロス

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加