紀伊國屋書店弘前店、2019年5月6日閉店-東北初の紀伊國屋、35年の歴史に幕

青森県弘前市土手町の「紀伊國屋書店弘前店」が、2019年5月6日をもって閉店する。紀伊國屋書店弘前店。

東北初となる紀伊國屋書店、35年の歴史に幕

紀伊國屋書店弘前店は1983年9月、東北初となる紀伊國屋書店として「川嶋ビル」(ホテル法華クラブ弘前→弘前パークホテル)の1階に開店。
開店以来、地元資本の書店「ブックス弘前」が語学・学習参考書・漫画・和雑誌を販売するという特殊な営業形態を採用していたが、2013年に紀伊國屋書店が全フロアを直営化していた。


大型書店競争激化で苦境…東北の紀伊國屋は1店に

同店は長らく、青森県内最大規模の大型書店として営業を継続していたが、徒歩圏内の百貨店「中三弘前店」に「ジュンク堂書店弘前中三店」が2012年5月開店、ダイエー弘前店跡に開業した複合商業施設「ヒロロ」に「未来屋書店ヒロロ店」が2013年7月開店するなど競争が激化、Amazonなどネット通販の台頭もあり厳しい経営状況だったとみられる。
同店の閉店により、東北地方の紀伊國屋書店は仙台店のみとなる。p1040572ジュンク堂書店が出店する中三弘前店。

関連記事:中三青森本店、2019年4月30日閉店-再開発ビル下層階に再出店を検討
関連記事:さとちょう弘前ヒロロ店、2018年8月7日開店-トラブルで閉店の「ルミエール」跡、新たな核店舗に

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成最後の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加