さとちょう弘前ヒロロ店、8月7日開店-トラブルで閉店の「ルミエール」跡、新たな核店舗に

JR弘前駅前の複合商業施設「ヒロロ」の新たな核店舗として地場大手スーパー「さとちょう」(スーパー佐藤長)が8月7日に開店する。
これまで核店舗であった川善屋の食品スーパー「ルミエール弘前ヒロロ店」は、ヒロロ側とのトラブルなどもあり7月29日に閉店していた。

ヒロロ。(2016年7月撮影)

元ジョッパル・ダイエー、再出発から5年で核店舗交代

ヒロロは2013年7月に開業。建物は地下1階、地上7階建てで、売場面積は13,691㎡。運営会社は地元民間業者らが出資するマイタウンひろさき。
7月31日現在のテナントは「未来屋書店」(地下1階)、「フランフラン」(地上1階)、「アニメイト」(4階)など。3階は弘前市の公共フロアとなっているほか、4階には市民ホールも設置されている。
ヒロロはもともと「ダイエー弘前店」を核とする再開発ビル「ジョッパル」として1994年3月に開業したが、ダイエー本体の経営不振のために2005年10月に閉店。ダイエー撤退後は核店舗がない状態で営業を続けたが、運営会社の破綻により2009年10月に閉鎖れて、約4年近い空白期間を経て、2013年7月に「ヒロロ」として再出発を果たした。

ルミエール、3月には書類送検されていた

青森地場の食品スーパー「ルミエール」(地下1階、運営企業:川善屋、本社:つがる市木造)は、2013年よりヒロロの核店舗として集客を支えてきたが、7月29日をもって閉店した。
陸奥新報など複数の地元メディアによると、閉店理由は川善屋の家賃未納によるヒロロ側の契約解除だという。
また、同社は従業員を時給300円程度で働かせていたとして、3月に最低賃金法違反の容疑で青森地検五所川原支部に書類送検されていた。

ヘテムル

地場大手の「さとちょう」8月7日開店

ルミエールの跡地には、新たな核店舗として、佐藤長(弘前市)が運営する地場大手食品スーパー「さとちょう」が8月7日に開店する。僅か10日ほどでのリニューアルとあって、そのほかの店舗は退店することもなく、以前と変わらず営業を継続する。
新規出店に際し、さとちょうは「普段の食卓からちょっと特別な『晴れの日』までご利用いただけるお買得商品満載でご来店をお待ちしております」としている。
なお、2017年8月20日には準核店舗級だった「コジマ×ビックカメラ」が閉店しているが、その跡地には室内型遊園地「Kid’s US.LAND」などが出店している。

外部リンク:ヒロロ
関連記事:ルネスアベニュー、3月31日閉店-弘前のファッションビル、道路拡幅後に再建へ
関連記事:アウガ商業フロア跡に「青森市役所駅前庁舎」、1月4日全面供用開始-ほぼ全フロアが公共施設に

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加