大阪メトロ、夢洲駅に超高層「駅ビル」建設へ-主要駅の改装計画も発表

大阪メトロは、2025年に開催される大阪万博の会場最寄駅となる「夢洲駅」(大阪府此花区、仮称)の駅イメージを公開するとともに、駅ビルとして55階建ての超高層ビル「夢洲タワービル」(仮称)を建設する計画を発表した。

夢洲への鉄道延伸計画図。

夢洲駅に「超高層駅ビル」

大阪市は、大阪万博の開催決定に伴い大阪メトロ(旧・市営地下鉄)中央線を現在の終点であるコスモスクエア駅(当記事ヘッダー写真の駅)から夢洲駅(仮称)まで延伸する計画(北港テクノポート線)を進めている。
延伸距離は約3kmで、途中駅は設けられない。建設費用の一部は、同じく夢洲に計画されている統合型リゾートの事業者も負担する予定だ。
大阪メトロ夢洲駅と駅ビルの完成予想画像については以下の通り。
(画像はニュースリリースより)

夢洲駅タワービル。高さは275m。
ビルの外周にはスパイラル状の屋根に加えて新たな輸送機関のようなものも見える。


夢洲駅構内イメージ。対面には新たな輸送機関のホームも。


詳しい概要については土地の確保等の条件があるため今後関係者と協議・調整を進めていくとしているが、これまで大阪メトロが手掛けてきたビル開発のなかでも最大級になることは確実で、夢洲の「シンボル的存在」として親しまれることになろう。

大阪メトロ、駅の改装も進める

このほか、大阪メトロでは万博の開催までに御堂筋線、中央線の駅リニューアルを進めていく計画も発表している。

心斎橋駅の改装イメージ。


新大阪駅の改装イメージ。

御堂筋線の一部の駅は開業当時の面影が残るレトロな空間としても知られてきたが、数年後には多くの駅が今とは大きく姿を変えることになろう。

現在の心斎橋駅。

外部リンク:地下空間の大規模改革及び 夢洲開発への参画について
関連記事:(仮称)梅田曽根崎計画、2022年完成-大阪北小跡、梅田最高層の複合ビルに
関連記事:ヨドバシ梅田タワー、2020年春全面開業-高層階に阪急阪神ホテルズ進出
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加