高知蔦屋書店、12月3日開店-「蔦屋」複合書店業態、四国初出店

高知県高知市の薊野バイパス近くに大型書店「高知 蔦屋書店」が12月3日に開店した。

高知 蔦屋書店。

倉庫をリノベーションした複合書店

「高知 蔦屋書店」は高知市南御座の四国リョーショク跡地に出店。建物の一部は倉庫をリノベーションしている。
高知市周辺でTSUTAYAなどをFC展開する「ウイル」(高知市)と
中四国TSUTAYA(広島市)が設立した「高知蔦屋書店」が運営する。

「食」を中心とした店舗も出店

高知 蔦屋書店のコンセプトは「職人のこだわりから日常が楽しくなる市場」で、最大の特徴は倉庫をリノベーションさせた建物に高知の「食」を中心とした店舗を入居させたこと。

倉庫をリノベーション。

1階は「食と暮らしの市場」として、地元高知の「食」を中心に、雑貨や美容関連等の専門店と、「食」「暮らし」「美容」に関連する書籍が集う。職人のこだわりやさまざまな情報を五感で感じながら楽しむことができる、市場のようなストリートにしたという。

「職人のこだわりと出会える」ことを謳う。

また、1階にはスターバックスコーヒーも出店、開放的なテラス席も設けられた。

1階のスターバックス。

2階は「私の書棚」として「旅」「ワークスタイル」「文化」を中心に、「新しい自分や、なりたい自分」を思い描く提案をおこなう。

3階は「親と子どもの遊び場」として、高知県最大冊数の児童書と、高知県最大級のキッズスペースを展開する。
このほか、子育て支援センターなども入居する。

キッズスペース。

高知市にはすでに「宮脇書店」(大丸など)、「金高堂書店」(地場)などの大型書店があるが、こうした複合業態の書店はまだ珍しい存在だ。
高知蔦屋書店は開店に際し「女性活躍の先進県である高知県において、親子が一緒にゆっくりと楽しめる場所として、子育て支援にも注力し、様々なお客様が集う地域コミュニティの拠点として高知の人たちと共に創り、共に成長していく居心地のいい書店を目指す」としている。
(画像はニュースリリースより)

高知 蔦屋書店

住所:高知県高知市南御座6-10
営業時間:8時~23時(専門店は異なる)

外部リンク:高知 蔦屋書店
関連記事:新・徳山駅ビル「蔦屋図書館」、2月3日開業-「駐車場1時間無料」で活性化に期待
関連記事:帯屋町チェントロ、2015年7月31日完成-旧ダイエー高知店跡再開発

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加