大黒天物産、マミーズの事業を譲受-22店舗が大黒天物産の運営に

ディスカウントスーパー「ラ・ムー」「ディオ」などを運営する「大黒天物産」(岡山県倉敷市)は、九州でスーパーを運営する「マミーズ」(福岡県柳川市)が運営する22店舗を譲受することを発表した。

マミーズ諸富店(佐賀市)。

九州の中堅スーパー、買収で経営規模拡大していた

マミーズの前身は2003年に経営破綻した「オレンジチェーン本部」。

設立以降、炭鉱の購買を起源とする「三井松島産業」や地場スーパーの「日の出屋」、「福岡大洋フードセンター」、そして「トーホーストア」の福岡県内の店舗などを買収・事業譲受・継承することで店舗網を拡大した。また、ダイエーや寿屋グループなど過去に九州に存在したスーパーの跡地に入居する店舗も少なくない。
2018年10月現在は北部九州に30店舗を展開する。

マミーズプレミアム六ツ門店(久留米市)。

現店舗は30店、新会社は22店舗を継承

大黒天物産は、マミーズの店舗のうち22店舗を大黒天物産が100%出資する子会社が譲り受けるかたちで運営する計画。新しい屋号などは発表されておらず、当面はそのまま営業すると思われる。
継承されない8店舗の処遇については、10月時点は発表されていない。

大黒天物産の店舗(境港店)。

外部リンク:株式会社マミーズの事業の一部譲受に関するお知らせ
関連記事:グループ統合決めた「マルショク・サンリブグループ」-その将来像は
関連記事:イズミ、ユアーズと丸和を傘下に
関連記事:マルキョウ、リテールパートナーズ(丸久・マルミヤストア)と経営統合へ

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加