Zepp Haneda、2020年夏開業-天空橋駅前、羽田空港跡地第1ゾーン整備事業の中核施設

羽田空港跡地第1ゾーン整備事業の第一期部分が2020年夏に「まちびらき」となり、その中核施設として大型ライブハウス「Zepp Haneda」(ゼップ羽田)が開業することが発表された。

天空橋駅前、羽田空港旧敷地の一部を再開発

Zepp Hanedaが開業するのは京急・モノレールの天空橋駅前。
この場所はかつて羽田空港の敷地であったが、大田区により「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」として再開発が計画されていた。
再開発地は約16.5haで、再開発コンセプトは「“HANEDA Future Core”を具現化する取組方針」。

「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」開発パース。
(大田区ウェブサイトより)

建築家・隈研吾氏なども参画し、2022年の全面開業をめざしてライブハウスのほかベンチャー企業の進出を想定するオフィス、先端医療研究センターなどが進出、交通広場(天空橋駅の駅前広場)も整備される予定となっている。

「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業」開発計画。
(大田区ウェブサイトより)

ヘテムル

東京3番目のZepp、収容人数は約3,000人規模

Zepp Hanedaは、ライブハウスZeppとしては「Zepp Tokyo」、「Zepp DiverCity」に続く東京3館目。
運営するのはZeppを運営するZeppホールネットワークと鹿島建設が代表を務める「羽田みらい開発」で、キャパシティ(収容人数)は約3,000人規模になる計画だという。

外部リンク:東京・羽田に3,000人規模の「Zepp」ホールを2020年夏オープン!
外部リンク:ファイルダウンロード 新規ウインドウで開きます。「羽田空港跡地第1ゾーン整備事業(第一期事業)」整備・運営事業予定者の提案概要(PDF)
関連記事:あおい書店渋谷南口店、10月24日閉店-渋谷駅桜丘口地区再開発で、ライブハウス「DESEO」は移転へ

関連記事:赤坂ブリッツ、11月1日から「マイナビブリッツ赤坂」に-ネーミングライツ取得で
関連記事:「横浜ユナイテッドアリーナ」「横浜武道館」、2024年までに開業へ-横浜文化体育館など建て替えで
関連記事:高島屋羽田空港店、5月25日閉店-大丸も8月27日閉店、伊勢丹が制した羽田空港の百貨店競争

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加