JR西日本、新快速に有料座席を2019年春導入-名前は「Aシート」

JR西日本は、JR東海道本線・山陽本線(JR神戸線・JR京都線・琵琶湖線)で運行される「新快速」の一部に有料座席サービス「Aシート」を2019年春から導入する。

223系電車。

新快速にも有料シート

「Aシート」は12両編成の新快速の1両(9号車)に設けられる有料座席。定員は46名で、着席料金は500円。
特徴として、

  • リクライニング機能、テーブルつき座席の設置
  • 内装の工夫による、落ち着きのある空間の提供
  • 全席にコンセントを設置(JR西日本在来線普通車初)
  • 無料Wi-Fiサービスを提供
  • 荷物スペースを設置

の5つが挙げられるという。

ロゴタイプ。

ヘテムル

まずは223系1000番台2編成(2両)が改造され、2019年春より上下4本で運行開始される予定。

車内イメージなど。

JR西日本の新快速は通勤通学客に加えて姫路・神戸・京都など沿線に人気観光地を多く抱えるため観光客の利用も多いが、日常的に混雑しており、JR西日本は中期経営計画において2022年までにこうした有料シートを導入することを示唆していた。
関西地方では2017年に京阪電鉄が「プレミアムカー」を新たに導入している。

リリース:2019年春 新快速に有料座席サービス「Aシート」を導入します
関連記事:「うめきた2期」概要を発表-梅田貨物駅跡に「巨大な公園」、「北梅田駅」も
関連記事:なんばスカイオ、10月17日開業-南海難波駅直結、南海本社跡の超高層複合ビル

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加