ブランチ福岡下原、2018年11月30日開業-福岡市東部市場跡再開発

福岡県福岡市東区の九州産業大学近くにショッピングセンター「ブランチ福岡下原」(BRANCH福岡下原が11月30日に開業する。

ブランチ福岡下原。

九州産業大学近くの福岡市東部市場跡再開発

ブランチ下原が建設されるのは、九州産業大学の北東にある旧「福岡市東部市場」の跡地。JR九産大前駅からも歩いて8分ほどの距離となる。
開発するのは不動産大手の大和リースで、コンセプトは「Community Terrace SHIMOBARU」。

中央に設置される大屋根。


メインの建物は2階建てのオープンモールで、店舗面積は8,823㎡。建物の中央部には特徴的な大屋根が設けられ、イベントができる広場や子供の遊び場などが設置される。

マックスバリュ九州など約30テナントが出店

ブランチ福岡下原の商業エリアの核テナントは「マックスバリュ香椎店」。売場面積は1,683㎡。
このほか、大型テナントとしては100円ショップ「キャンドゥ」、リサイクルショップ「セカンドストリート」、ファミリーレストラン「サイゼリヤ」、ドラッグストア「マツモトキヨシ」など、約30テナントが出店する予定となっている。
なお、マックスバリュについては多くの店舗で見られるような24時間営業を実施しないとのことで注意が必要だ。

追記:11月30日に開業するのは16テナントとなる。

ブランチ福岡下原

住所:福岡市東区下原4-2-1
営業時間:午前10時~午後11時(マックスバリュ)

関連記事:三井不動産、博多区の青果市場跡に大型商業施設出店へ-九州初「ららぽーと」級、キッザニアも
関連記事:天神TOIRO、9月28日開業-西鉄福岡駅北口改札外コンコースに

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【令和元年!おでかけ日和キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加