ローソン「スマホ充電器貸出サービス」を開始-10月上旬から都内店舗で

大手コンビニ「ローソン」(品川区)は、10月上旬から東京都内の一部店舗で「スマホ充電器貸出サービス」を開始する。

ローソンの店舗。

他店舗でも返却可能-デポジット金+100円から

充電器貸出サービス事業は「インフォリッチ」(渋谷区)と提携しておこなうもの。同社は、これまでも都内の観光案内所などで類似の充電器貸出サービスを行っていた。
サービスを利用するためには、会員登録に加えて保証金としてデポジット金2139円の預け入れが必要となる。料金は最初の1時間が108円、48時間までは216円。48時間を超えた場合、預け入れ金(2139円)は返還されない。その場合は充電器も返却する必要がなくなる。
ローソンには専用の貸出スタンドが設置され、借りた充電器は、スタンドが設置してある別の店舗に返却することも可能となる。

2019年2月には100店舗にサービス拡大

充電器貸出スタンドは2018年10月上旬から都内のローソン6店舗に設置される予定。2019年2月までには、サービスを約100店舗に拡大する方針だとしている。

関連記事:セーブオン、8月31日で「完全消滅」-ローソンに転換で
関連記事:ローソン銀行、2018年秋開業へ-進む大手小売チェーンの「銀行化」

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加