クッキー、9月29日に全店舗を閉店へ-鹿児島の地場スーパー、45年の歴史に幕

鹿児島県の地場スーパー「クッキー」(薩摩川内市)が、9月29日を以て全店舗を閉店し、45年の歴史に幕を下ろすことを発表した。

クッキー隼人店(霧島市)。

創業から約59年、スーパー転換から約45年の歴史に幕

クッキーは1960年に川内市で「堀精肉店」として創業、1974年に川内駅前にスーパーマーケット1号店を出店した。
現在は食品スーパー「クッキー」「ラークス」の7店舗と、100円ショップ「ダイソー」FC店2店舗を運営する。
かつては鹿児島市にも出店していたが現在は撤退しており、主に県北部を中心に店舗展開している。

一部店舗を「大和」などが継承

複数の地元メディアの報道によると、クッキーの一部店舗は同じく薩摩川内市に本社を置くスーパー「大和」が引き継ぐほか、一部の店舗を大手ドラッグストアが引き継ぐ予定だという。

外部リンク:スーパーマーケット「クッキー」「ラークス」
関連記事:三州自動車、鹿児島交通に事業譲渡へ-2018年中に
関連記事:広電ストア・マダムジョイ、10月からマックスバリュに-イオングループに経営譲渡

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加