渋谷ストリーム、別館「ストリームホール」こけら落としに欅坂46-9月13日開業、本館には「東急ストア新業態」も

9月13日に開業する複合ビル「渋谷ストリーム」の別館「渋谷ストリームホール」のこけら落とし公演を欅坂46が行うことが発表された。

デビュー曲「サイレントマジョリティー」の「聖地」

渋谷ストリームは東急電鉄と東急不動産が東横線の旧・渋谷駅(地上駅)跡地に建設している複合超高層ビル。
高さ180m、地上35階、地下4階建て、延床面積は11万6000㎡で、商業施設、渋谷ストリームエクセルホテル東急、Google日本法人のオフィスなどが進出する。
着工直後の工事現場は欅坂46「サイレントマジョリティー」のPV撮影にも使われ、話題となった。
p1030421
当時の渋谷ストリーム工事現場(2016年)。

今回欅坂46がこけら落としイベントを行う「渋谷ストリームホール」は渋谷ストリームの別館「ホール棟」の核となる施設。ホール棟は7階建て、ホールは3層構造で、スタンディングで約700名を収容する。

渋谷ストリームホール所在地(公式サイトより)。

ヘテムル

イベントは9月13日(木)から17日(月・祝)まで開催。13日にはミニライブが開催される(16時半開場/17時開演、19時開場/19時半開演の2回公演)ほか、17日まで欅坂46関連の展示やオリジナルグッズの販売などが行われる予定となっている。

東急ストア、惣菜中心の新業態-「ちょい飲み」も

このほか、東急ストアは渋谷ストリーム本館2階にグローサラント型新業態「プレッセ シブヤ デリマーケット 」を出店することを発表した。
同店の売場面積は165㎡とコンビニサイズ。デリカ(惣菜)の対面販売を中心に、酒・ドリンク・デザート・菓子などを中心に販売。生鮮食品を取り扱わない新業態になる。
営業時間は7時から23時までと長く、イートインでちょい飲みも楽しめる店舗になるという。

渋谷ストリーム館内の詳細については前回の記事へ

外部リンク:「渋谷ストリーム」の開業日および商業テナントなどが決定
外部リンク:渋谷ストリームホール
関連記事:GOOGLE日本法人、「渋谷ストリーム」のオフィス全床に2019年移転-9年ぶりの渋谷復帰
関連記事:新・渋谷駅ビル、名称は「渋谷スクランブルスクエア」に-2019年度Ⅰ期完成予定
関連記事:「東急プラザ渋谷」跡、再開発起工-2019年度完成予定

関連記事:109MEN’S、「マグネットBYSHIBUYA109」に業態転換へ-2019年春全館開業、渋谷文化の発信基地に

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品を当てよう!
【平成ラストWinterキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加