阪急阪神「Sポイント」、関西のセブンイレブンで利用可能に-2018年5月14日から

関西地方の2府4県で展開している「セブンイレブン」のほぼ全店舗で、5月14日から阪急阪神グループの共通ポイント「Sポイント」(S-POINT)が利用可能となる。

2016年4月から共通ポイントを導入していた阪急阪神

Sポイントは2016年4月21日に導入された阪急阪神グループの共通ポイント。
鉄道や流通企業、宿泊施設のみならず、宝塚劇場などでの観劇・観戦、旅行代理店での旅行商品購入など、様々な阪急阪神グループの企業で使って貯めることができるのが特徴だ。
CMには、曾祖父が阪急グループの創業者である松岡修造氏が起用されている。

阪急オアシスの店舗(吹田市)。

Sポイント、関西の7-11ほぼ全店で-現金払いにも

今回、新たにSポイントが利用可能となったセブンイレブンは大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、和歌山の各府県にある約2700店。
セブンイレブンではSポイントサービスの対象カードを利用または提示すると、税抜200円に付き1ポイントが付与される。
現金払いにも適用されるが、nanacoポイントなどとの二重付与は出来ない。
詳細は下記公式サイトにて。

外部リンク:S-POINT
関連記事:ウメダフードホール、3月28日開業-阪急三番街北館地下2階を全面改装
関連記事:バルチカ、12月19日増床リニューアル-ルクア地下2階、2018年春に「阪急オアシス」も出店へ

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【秋トク!キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加