道東で「WAON」による路線バスの運賃支払いを開始-「全国初」の取り組みも

イオン北海道とマックスバリュ北海道は、電子マネー「WAON」による路線バスの運賃決済サービスを5月21日より開始する。

道内で発行される「ご当地WAON」。(イオン北海道公式サイトより)

道東の3事業者で実施-バスでのイオン来店促進へ

WAONによるバス決済サービスは、イオンが進める「地域エコシステム」の一環として実施。
地域の重要な移動手段としてのバス路線の活性化に加え、公共交通機関でのイオン店舗への来店を促進するねらいがあるという。
5月21日から導入されるのは「十勝バス」(帯広市)の「西地区コミュニティ路線」と、「くしろバス」(釧路市)の「たくぼく循環線」の定額運賃2路線で、秋からは「阿寒バス」(釧路市)の多区間運賃3路線にも導入予定。
イオンによると、交通系ICカード以外の電子マネーによる多区間運賃路線(区間ごとに運賃が加算される方式)の決済サービスは全国初となる。

イオンへの来店促進を狙う。(写真は札幌市の店舗)

ニュースリリース:電子マネー「WAON」での路線バスの運賃決済サービス初! 路線バスの「WAON」決済サービスを開始(イオン北海道公式サイト)
関連記事:セイコーマート、電子マネー「WAON」に加盟-7月25日から取扱開始
関連記事:SAPPORO雪ミクWAON、2月13日発売-WAON×初音ミク、初コラボ
関連記事:新さっぽろアークシティ、一体的改装で“リボーン”(2)-「サンピアザ」「デュオ」「イオン」もダイエー時代から一新

ヘテムル

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【2018サマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加