サークルK・サンクス、約1000店を閉店へ-残る店舗はファミマに転換

ユニーグループホールディングスは、傘下のコンビニエンスストア「サークルKサンクス」の店舗のうち約1000店を閉店もしくは移転統合すると発表した。
circlek_ujiekimae
サークルKの店舗(京都府)。

ファミマとの統合による店舗整理、2019年までに

今回の閉店は、2016年9月1日に迫った「ファミリーマート」との経営統合によるもの。
2016年夏現在、サークルKサンクスは約6250店舗を展開しているが、そのうちファミリーマートと商圏が重複する店舗や不採算となっている店舗、約1000店を2019年2月期までに閉鎖する方針。
また、残った約5000店も順次「ファミリーマート」の店舗に改装を進めるという。
p1000396
サンクスの店舗(東京都)。

サークルKサンクス、屋号消滅へ

「サークルK・サンクス」は、2004年にユニー系の「サークルK」と旧長崎屋系の「サンクス」が統合して発足した。
当時は国内コンビニ業界初の大型合併として脚光を浴び、両店舗の屋号も維持されたが、FC契約方式の違いや、屋号の一本化の失敗などから、首都圏や北陸、南九州の一部地区本部が相次いでチェーンから離脱。売上高も減少傾向にあった。
今回の大規模閉店は2019年を目途に行われることから、長年に亘って親しまれた「サークルK」「サンクス」の屋号は2019年ごろまでに消滅すると考えられる。
なお、ファミリーマートは2015年に買収した「ココストア」「エブリワン」などのファミマ転換も進めているが、こちらに関してはエネルギー事業大手の「ミツウロコ」に売却される店舗もあるため、全店舗がファミリーマートとなる訳ではない。
P1160356s-1s
ココストアもファミマと経営統合するが、一部は分離される。

ユニーのスーパー(アピタ・ピアゴ)閉店についての記事はこちら

ユニー・ユーホーム全店閉店についての記事はこちら

関連記事:ココストアとエブリワン、12月3日にファミマ統合式-ファミマ非転換は約250店か
関連記事:ファミリーマートに店舗ブランド一本化 – サークルK・サンクス・ココストア・エブリワン統合へ
関連記事:エブリワン・ココストア九州、2016年末までに「RICストア」に改称-人気のベーカリーも存続

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【うきうきサマーキャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヘテムル