小田急グループ、セブンアイと業務提携へ-駅売店は「セブンイレブン」に転換

小田急電鉄グループ「小田急商事」は、流通大手「セブン&アイHD」とスーパーマーケット事業、駅構内売店事業、コンビニ事業に関する業務提携をすることで3月8日に基本合意した。

小田急新宿駅。

小田急駅構内の売店、セブンイレブンに

小田急商事は1963年に創業。小田急電鉄沿線を中心に駅構内売店「Odakyu SHOP」を88店舗、食品スーパー「Odakyu OX」を26店舗、コンビニエンスストア「Odakyu MART」を13店舗運営している。
スーパーとコンビニを融合した「Odakyu OX MART新百合ヶ丘駅店」。

今回の業務提携に伴い、2年以内に駅売店の「Odakyu SHOP」、コンビニの「Odakyu MART」をセブンイレブンに転換する。
さらに、スーパーマーケット「Odakyu OX」でも、セブン&アイHDのプライベートブランド「セブンプレミアム」の販売を検討するなど、両社間での人的交流や物流網の効率化を推し進める予定だ。

広がる「鉄道事業者」と「コンビニ」の提携

近年、各鉄道会社では駅を中心に展開する自社系列の売店やキヨスクをコンビニエンスストアと提携、コンビニに転換させる動きが広がっており、セブンイレブンと首都圏の大手鉄道事業者との提携は京急電鉄(2009年提携)、新京成電鉄(2013年提携)に次ぎ3例目となる。

セブンイレブンはJR西日本、JR四国などとも提携(大阪駅)。

小田急グループは、セブンアイとの業務提携により流通事業の強化と駅構内の利便性、快適性の向上を目指すとしている。

外部リンク:小田急電鉄株式会社及び小田急商事株式会社との業務提携に関する基本合意のお知らせ
関連記事:岩波ブックセンター信山社跡に「神保町ブックセンター」、4月開店-小田急グループが運営
関連記事:小田急百貨店藤沢店、2018年6月より全面改装-百貨店縮小、事実上の業態転換へ
関連記事:特急あさぎり、2018年春より「ふじさん」に改称へ-小田急新宿〜JR御殿場の直通列車、外国人にもアピール
関連記事:セブンイレブン、2018年1月に国内2万店舗達成-国内小売業で史上初
関連記事:JR西日本、”駅ナカ特化型セブンイレブン”を12月7日から展開

【PR】アンケートに答えて商品券を当てよう!
【春の新生活応援キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加