イオンスタイル豊田、9月7日開業-旧「ジャスコシティ豊田」、建て替えで再出発

愛知県豊田市広路町にイオンリテールのショッピングセンター「イオンスタイル豊田」が9月7日にグランドオープンした。イオンスタイル豊田。

旧「ジャスコシティ豊田」を建て替え出店

イオンスタイル豊田は1975年7月に開業し、老朽化のため2015年8月に閉店した「イオン豊田店」(旧・豊田ジャスコシティー→豊田ジャスコシティ→ジャスコシティ豊田)を建て替える形で出店したもの。開店当時は豊田市で最大の大型商業施設であった。

豊田ジャスコシティー(店内掲示より)。


建て替え前のイオン豊田店。

イオンスタイル豊田の建物は地上3階建てで、SC面積は約23,630㎡。(従前のイオン豊田店の売場面積は16,516㎡。)
施設コンセプトは“NEW わたし LIFESTYLE”で、総合スーパーの「イオンスタイル」を核に、子供や孫と共に3世代で楽しめる57の専門店が出店する。

1階には「イートイン専用のレジ」も設置

1階のイオンスタイル食料品売場には、豊田市近郊の新鮮な青果を届ける「地場野菜コーナー」、まぐろに特化した鮮魚コーナー「まぐろのすべて。」といった生鮮をはじめ、デリカの「グリルステージ」、おむすびショップ「ほのみ」、豊田市の学校給食で定番のおやつパン「キングパン」などをラインナップ。
リカーショップ「イオンリカー」では直輸入ワインや日本酒、愛知のクラフトビールなどを扱うほか、フランスの自然派スーパー「ビオセボン」コーナーも設置されている。

イオンリカーではビオセボン商品も取り扱う。

フードコート「まいまいキッチン」には「松屋」や「サーティワンアイスクリーム」といった有名チェーン店が出店。各飲食店での購入商品はもちろん、イオンスタイルの食品売場で購入した商品もイートイン専用レジ「まいまいカウンター」で会計を済ませることで、通常レジを通すことなくその場で食べることが可能だ。

イートイン専用レジ「まいまいカウンター」。

お膝元「トヨタの販売店」が3階に-子供向けサービスも

2階にはイオン最大の面積を誇るウエルネススポーツ専門店「スポーツジアム」が展開。「ジョギング」コーナーを中心に、初心者から上級者まで幅広いニーズに対応した商品を取り揃える。
ファッション売場は、女性向けビジネススタイル「ピュアラスト」や、三河エリア最大級の男性向け「ジャケット・パンツ・シャツ」コーナーなど、働く女性・男性を意識した商品展開がおこなわれる。

2階にはイオン最大のウエルネススポーツ専門店が展開。

3階にはベビー・キッズの専門店「キッズリパブリック」や、ファミリー向け娯楽施設「モーリーファンタジー」など、主に子供が楽しめるフロアとして展開。
また、名古屋トヨペットが運営する自動車販売ショップ「NTP-ark」(エヌティーパーク)では、“トヨタ2000GT”型の子供用カートの貸し出しや「子供安全免許証」の発行など、「未来のトヨタユーザー」にも嬉しいサービスが提供される。

3階に出店する名古屋トヨペットのショップ「NTP-ark」。

イオンスタイル豊田

住所:愛知県豊田市広路町1-1
営業時間:
1階:8:00-23:00
2階・3階:9:00-22:00
※一部売場は営業時間異なる

写真提供:西川屋チェンさん/画像はニュースリリースより。

ニュースリリース:~地域に根づいたお店を目指し、“地域と家族の未来(あした)”を共に創る~ 「イオンスタイル豊田」9月7日(木)グランドオープン(イオンリテール公式サイト)
関連記事:プライムツリー赤池、2017年秋開業-セブンアイのショッピングセンター、東海地方初出店
関連記事:イオンモール長久手、12月9日開業-激化する「長久手の商戦」

【PR】アンケートに答えて当てよう!
【キラ秋キャンペーン】

このエントリーをはてなブックマークに追加